川柳が炎上の『朝日新聞』安倍元首相から「妨害愉快犯」「哀れですね」猛批判も

記事全文を読む

39コメント入力は10文字以上でお願いします
するとコメントを入力できます(@nifty接続サービスをご利用の方限定)
  • 39
    報告

    32の方のご意見に賛同します
    川柳とは世の中を風刺するもの、読者が「思いを持ち作成した」ものを新聞社が掲載して、どうして批判されるのでしょうか。
    批判するなら、国会で虚偽答弁を繰り返した人とか、国費を政治活動に使ったとか、統一教会の関係を問われると雲隠れする議員へではないでしょうか。

  • 38
    報告

    国民を守る組織の長のはずである国家公安委員長さえ、統一協会とズブズブ。
    国家公安委員長を指名する親分が統一協会とズブズブでもおかしくはない。
    統一協会に言われて、国の省庁の名前を変える。誰の意向で政治をしているのか?
    まさかキムチが名物の国ではないと思うが、この国はどうなっているんだろう。
    リアルライブの記事を見てみたい。

  • 37
    報告

    天罰に間違いないだろう。

  • 36
    報告

    何、安倍さま命のリアルライブじゃん。読む意味なし。
    OBの意見も恐らく捏造。そこまでして、安倍派に媚びたいか?

  • 35
    報告

    反対を報じるニュースの画像をコマ送りで良く見てみよう。
    日本人なら有り得ない、間違い漢字を書いたプラカードを掲げているデモ参加者のなんと多い事か。
    現に日本は侵略に晒されていることが良くわかる。

  • 34
    報告

     相も変わらぬ"アサヒ"の記事。そんなにも安倍が嫌いなのか? だからこそ世間一般から"アサヒ"が毛嫌いされる理由なのかもしれない。

  • 33
    報告

    初七日の供養代わりの川柳を批判する声に、取って付けたかのような釈明、何なのだろ。
    新聞を読んでいないので、最近でも掲載しているのかな?

  • 32
    報告

    川柳とは世の中を風刺する文化なので、出された作品のような思いを持っている市民が作品を作ったのは事実で、その事実をそんな風刺もあるよと紹介したことは全く問題ないと思われます。
    権力に対する庶民の風刺を封じる声の方が問題です。
    アベさんが、亡くなったのは悲劇ですが、生前賛否両論あった政治家であったのは事実ですし、「国葬」にも賛否があったのは事実。亡くなったからと言って生前の問題点が消えるわけでもありませんし、政治家は風刺されてよい存在です。
    風刺の文化である「川柳」を掲載した朝日新聞に非はありません。
    社内で作ったというご意見は考えすぎでしょう。

  • 30
    報告

    嫌韓をあおりながら 韓国カルトの走狗となって日本を売り渡した安倍・岸。
    右翼の本当の姿は 韓国カルトとも平気で組んで金集めをする けがれた暴力団です。
    公安によれば日本の街宣右翼の六割は韓国人です。これが自民党の本当の姿です。

  • 29
    報告

    "天罰"
    ここまで言い切る人の頭いかれてる。

  • 28
    報告

    >27
    社内で作成しているという説があります。
    でも、一部実在している人物の住所氏名があるので、一概には言えません。

  • 27
    報告

    この川柳の募集、選出、決定、発表までの期間、国葬を決定したのが10日、発表が15日、16日で、短期間の選出、発表なんですが?

  • 25
    報告

    私はこの川柳が粋でかっこよく見えますが出来の良さに信者の人達は嫉妬してる吠えまくってる様に見えます。通りすがりの感想

  • 24
    報告

    げっここのOB統一協会に汚染されてるのカナー。。。勘ぐってしまうw;

  • 23
    報告

    「安倍氏が朝日新聞に向けて語った悪口が列挙されているのが、実に笑える。」どう読んでも批判でしょ?

  • 22
    報告

    記事中、『同社OBの峯村健司氏が「もうやめましょう。安倍さんは生前、私にすら朝日新聞の悪口は言ったことはありません」』の下に、安倍氏が朝日新聞に向けて語った悪口が列挙されているのが、実に笑える。

  • 21
    報告

    6>川柳には事件そのものについての表現はなく、普通の国語の解釈では人そのものを対象に"攻撃する"、"非難する"ような表現はありません。
    .
    あるよ。だから非難されているしOBすら苦言を呈しているんでしょ。
    どうして分かり切った嘘まで吐いて擁護しようとするのかな。それとも6が『普通の国語力』を持ち合わせていないだけなんですかね。

  • 20
    報告

    節度というものが必要です。それがなければ、ただの暴言。
     ↓

  • 19
    報告

    もともと川柳は皮肉るもの、批判するもの
    それができないなら川柳の意味なし

  • 18
    報告

    反安部で思考停止している日本人もいることの事実。だから中国に舐められるんだよ。

  • 17
    報告

    学校も会社も休みになんねーのかよ!
    ホント役に立たねえな、安倍は。

  • 16
    報告

    安倍氏の国葬は学校や会社を休みにしないなど、ある程度の配慮をもって行われることになった。私が安倍氏の国葬について危惧していたのは経済を一日止めることになり、安部氏もそれを望んでいないだろうということだった。
    ただ国葬について賛成にしても反対にしても、きちんとした根拠をもって発言すべきであって川柳のような形で発言すべきではないと思う。

  • 15
    報告

    ★在・左巻き・マスメディア・偽日本人は
    日本を混乱するのをやめて頂きたい! それは、テロリストと同じ行為です!
    日本の文化は、亡くなった方はすべて、神様・仏様!!!

  • 14
    報告

    この新聞社グループは、隣国の高学歴者達と同じく、全く出来の悪い大人たちの会社なのかな?
    出来の悪い会社からは、出来の悪い製品しかできないのかな?
    日本国民の大半は、どのように評価するのだろうかな?

  • 13
    報告

    なら今すぐ右翼は朝日を賛美すべきだな。
     ↓
    No12『朝日は戦前と戦後で変わったと信じこまされているが、実は変わっていない。』

  • 12
    報告

    社内にプロの投稿者を抱え一般人を装って投稿する朝日の何時もの手法。朝日は戦前と戦後で変わったと信じこまされているが、実は変わっていない。戦前は尾崎他政権内部に巣くっていたマルクス主義者がモスクワの指令で日中(蒋介石)、日米を戦わせるために戦争賛美をしたのだ。戦後はひたすら「平和主義」を装って日本を貶める目的は同じ。

  • 11
    報告

    ミネムラ氏以外の
    万冊佐藤章さんや、タイムス鮫島浩さんのコメントを伺いたい。

  • 10
    報告

    朝日新聞は太平洋戦争終了後、アメリカに批判的記事ばかり書いていたが、GHQから抗議を受けたことでは、反日企業に落ちぶれた。
    自分の意見を批判一つで、取り下げる軟弱な企業。
    死んだ後に、先輩の夏目漱石たちに、どのような顔で、どんな言い訳で逃げ周り、あの世の居場所を狭まるのだろうか??

  • 9
    報告

    大手媒体にこのタイミングでもこのくらい載せられる所が在る方が健全な社会だろう。

  • 7
    報告

    国葬で、右往左往する世相

  • 6
    報告

    川柳には事件そのものについての表現はなく、普通の国語の解釈では人そのものを対象に"攻撃する"、"非難する"ような表現はありません。起きている物事に対して風刺をしているだけで、事を憎んで人を憎まずの境界は、守られている様に思います。
    川柳の出来がかなり良すぎるのに当てられたというのもあるかも知れませんが、ただ政治批判そのものを捉えるのではなく、政治批判と事件と人とを一緒に結びつけて考えてしまっているから、いかがなものかと感じるのでしょう。
    古来よりそうであったように、川柳への批判は、粋な川柳で返せば良いと思います。

  • 5
    報告

    朝日(朝鮮日報)新聞だからな。日本叩きに歓びを見出している○○の集団。

  • 4
    報告

    新聞は公正であれ、というタテマエをもう捨てよう。
    うちは親安倍です、うちは反アベですと明確にしたらいい。
    新聞紙面にも、新社員の募集要項にも書いて、原発とか、経済とかの方向も明記。
    その方が社会が多様になるし、ぜったい面白い紙面になる。

  • 3
    報告

    そりゃ朝日には日本の血が流れていないという事でしょ

  • 2
    報告

    良いマスごみとは、権力をよいしょし、高級会席やフレンチの席に呼ばれリークされた情報を特ダネとしてバラまいて、権力に都合の悪いことは書かずに隠す。権力を持ち上げる記事を書いて出世してゆく。戦前に戦争を賛美し進めたころに似ている。

  • 1
    報告

    安倍さんについては色々とご批判もあったのは事実、しかしながら亡くなられた方に”ムチ”打つのは如何なものか、”死者に鞭打つ”のは日本人の精神とは異なる。