50歳男、列車内で男子高校生を殴り逮捕「臭いと言われたから」容疑を認める

50歳男、「臭いと言われ」男子高校生を殴り逮捕 高校生は「臭いと言っていない」

記事まとめ

  • 21日、JR函館本線の列車内で男子高校生を何度も殴ったとして50歳無職の男が逮捕された
  • 男は警察の取り調べに「臭いという声が聞こえて腹が立った」と容疑を認めているという
  • 一方、暴行を受けた男子高校生は「臭いと言っていない」と話しており認識が分かれた

50歳男、列車内で男子高校生を殴り逮捕「臭いと言われたから」容疑を認める

50歳男、列車内で男子高校生を殴り逮捕「臭いと言われたから」容疑を認める

画像はイメージです

21日、JR函館本線の列車内で男子高校生を何度も殴って怪我をさせたとして、50歳無職の男が傷害の疑いで現行犯逮捕された。

 男は21日午後6時過ぎ、JR函館本線・大沼〜鹿部を走行中の列車内で、15歳の男子高校生に対し、頭を複数回殴り、怪我をさせた。警察によると、男は列車内で乗客から「臭い」と声をかけられたことに憤慨し、非常停止ボタンを押す。そして、列車内にいた男子高校生と何らかの理由でトラブルとなり、暴行に発展したとのことだ。

 警察の取り調べに、男は「臭いという声が聞こえて腹が立った。私のしたことに間違いない」と容疑を認めているとのこと。一方、暴行を受けた男子高校生は「臭いと言っていない」と話しており、認識が分かれている。警察は今後、当時の状況を詳しく調べていく方針だ。

 この事件に、ネット上では「北海道でも夏は暑いだろうし、ワキガだったのかもね。自覚があるから、怒ったんじゃないのかな」「加齢臭や尿臭を感じることはある。自覚があるなら香水でも振っておけば良かった」「臭いと言われて腹が立ったのはわからなくもないが、だからと言って人を殴っていいという理由にはならない」「頭に来る言い方をされたのかもしれないが、殴るのはダメ」と憤りの声が上がる。

 一方で、「誰が言ったのか。我慢することも必要だったのではないか」「臭いと声をかければ喧嘩になることは想像できたはず。男子高校生は本当に言っていないのか、ちゃんと調べてほしい」「なぜ殴られたのか。男を刺激するような行動や言動があったのではないか」などと、男子高校生の行動を疑問視する声も出ていた。

関連記事(外部サイト)