26歳団体職員男、女性の自動車シートに尿をかけ逮捕 合鍵を不正に入手

26歳団体職員男、女性の自動車シートに尿をかけ逮捕 合鍵を不正に入手

画像はイメージです

三重県伊勢市で、女性が所有する自動車のシートに尿のようなものをかけたとして、同県明和町の団体職員の26歳男が逮捕された。

 男は7月10日、伊勢市のアパート駐車場に止められていた、32歳女性が所有する軽自動車に尿のようなものをかけた疑いが持たれている。11日に女性が「車から尿のような臭いがする」と警察に通報し、事態が発覚。その後、現場で警察が警戒していたところ、挙動不審な男を発見し、29日に器物損壊の疑いで逮捕した。

 警察の取り調べに対し、男は「性的欲求を満たすために尿をかけた」と容疑を認めているとのこと。被害女性と男に面識はないが、男は若い女性の車だと知っていた模様で、なぜか車の合鍵も所持していた。現在、警察は鍵の入手経路などを捜査している。

 この事件に、ネット上では「どうやって合鍵を作ったのか。団体職員という立場を利用していたのではないか」「団体の業務が車の鍵の情報を得られる状況だった可能性が高い。公務員って本当に変なやつが多い」「嫌がらせが続いていた可能性も否定できない。面識はないけど一方的にストーカーをしていたとか」「リレーアタックの犯罪だろうか。許せない」と怒りの声が相次ぐ。

 また、「第三者が勝手に合鍵を作れるような状況っておかしい。きちんと捜査してもらいたい」「車のキーってそんな簡単に作れるものなのか。合鍵が犯罪の温床になっているのは問題だと思う」「本当に意味がわからない事件。合鍵もそうだし、なぜ尿をかけようと思ったのか」「マーキングなんて発想が犬」という指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)