オリンピックの聖火、「あれはナチスから」サンモニ谷口真由美氏の五輪批判に疑問の声も

『サンデーモーニング』谷口真由美氏が五輪批判 一部視聴者から反論の声あがる

記事まとめ

  • 『サンデーモーニング』で客員准教授の谷口真由美氏が、五輪について持論を展開した
  • トーチリレーを「聖火」と呼ぶことにも異論を唱え、「あれはナチスから」とコメント
  • 一部視聴者から「自身の処分についてコメントをすべき」と反論の声があがった

オリンピックの聖火、「あれはナチスから」サンモニ谷口真由美氏の五輪批判に疑問の声も

オリンピックの聖火、「あれはナチスから」サンモニ谷口真由美氏の五輪批判に疑問の声も

画像はイメージです

21日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、大阪芸術大学客員准教授の谷口真由美氏がオリンピックやスポーツビジネスについて持論を展開。その内容が物議を醸している。

 番組は、東京オリンピックを巡る汚職事件を特集。受託収賄罪で逮捕された元東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事の高橋治之容疑者と面会を繰り返した、AOKIホールディングスに関するVTRを放送し、谷口氏に意見を求める。

 同氏は「オリンピックって多分今、全世界の中でこんなに盛り上がる国って日本と数か国しかないと思う」と指摘。さらに、トーチリレーを「聖火」と呼ぶことにも異論を唱え、「あれはナチスからなんですよね」などとコメントする。

 その上で、「私の関わったスポーツ団体にも高橋案件という言葉はありまして、高橋さんの名前をしょっちゅう聞きましたし、挨拶に行けということもよく言われましたね。スポーツビジネスっていうのは、スポーツはすごいクリーンなものだというので、スポンサーはそれにお金を出そうとするんですけれども、スポーツビジネスになった途端に、もちろん汚いお金がすごく動いているって言う感じも見聞きもしてます。スポーツがきれいごとではできないというのも事実で、お金はかかるんですよね」と持論を展開する。

 そして、「だからスポーツでする見る支えるって言いますけど、支える人たちがいないとスポーツが盛り上がらないというのも、事実としてあって。どうやって稼ぐんだっていうところに皆さん、高橋さんにすがりたかったところもあるんですよね。だからこの構造で考えると、本当に皆さんがスポーツで感動をありがとうとかって言うんだったら、それこそ見たい人がお金をちゃんと支払わなきゃいけないっていう仕組みが一番大事なんだと思う」と日本国民にも批判の矛先を向ける。

 さらに、「ファンの人がすごく大事だなっていうことは思いますので、スポーツビジネスに関わってる方も体育会系の方が多いので、結局上意下達で高橋さんに対して物が言えないとかっていう構造も同じように、体育会系の構造があるので、そういうところがもうなんか構造的な問題としていくつもあるって言うのが、今回の話につながってるんだと思います」とコメントした。

 弁舌鮮やかなコメントには賛同の声もあったが、一部視聴者からは異論が噴出。谷口氏は19日、日本ラグビーフットボール協会からリーグワンの立ち上げ時に審査委員長を務めた際に得た情報を著書に掲載したとして、秘密保持違反でけん責処分を受けたばかりだったのだ。

 それだけに、「コメントの前に自身の処分についてコメントをするべきだ」「私の関わった団体と濁しているけど、ラグビー協会のことでしょ。高橋案件とか話して、これも秘密保持違反ではないか」「批判ばかりしていて見苦しい」という反論の声が視聴者から多く上がっていた。

関連記事(外部サイト)