70歳男、スーパーで商品の豆乳を飲み逮捕「お金がもったいない」と供述

70歳男が小樽市のスーパーで商品の豆乳を飲み逮捕 「お金がもったいない」と供述

記事まとめ

  • 小樽市のスーパーで、商品の豆乳を会計せずに飲んだとして70歳男が逮捕された
  • 男は所持金を持っていたが、「お金を使うのがもったいなかった」と話しているという
  • ネット上で「最初から盗みを目的にしている可能性が高い」など、怒りの声が出ている

70歳男、スーパーで商品の豆乳を飲み逮捕「お金がもったいない」と供述

70歳男、スーパーで商品の豆乳を飲み逮捕「お金がもったいない」と供述

画像はイメージです

北海道小樽市のスーパーで、商品の豆乳を会計せずその場で飲んだとして、札幌市中央区に住む70歳の男が逮捕された。

 男は18日午前10時50分頃、JR小樽駅近くのスーパーで販売されていた豆乳(85円)をその場で飲んだ。その様子を店内にいた警備員が発見し、事態が判明。その場で身柄を取り押さえて通報し、駆けつけた警察官が窃盗の疑いで逮捕した。

 警察の取り調べに対し、男は容疑を認め、「お金を使うのがもったいなかった」と話しているという。男は所持金を持っていたそうで、札幌市から小樽市を訪れていたとのこと。現在、警察が詳しい経緯などを調べている。わずか85円の豆乳を購入せず、「お金がもったいない」という理由で飲んでしまう行為はかなり異常であり、著しくモラルを欠いた行動と言わざるを得ない。

 この行動に、ネットユーザーからは「札幌から小樽まで40キロ程度ある。わざわざ交通費をかけて万引きするとは理解に苦しむね」「それなりに金を持っているのに85円をケチる精神が理解できない。腹が立つ」「わざわざ札幌から来ているということは、最初から盗みを目的にしている可能性が高い。近所のスーパーでは出来ないから、他でという思考回路だろう」と怒りの声が上がる。

 また、「少額だからと言って警察に連絡しなかったり、甘い処分で済ませるからこういう犯罪が減らない。もっと厳しい処分をするべきだ」「余罪をしっかり調べてもらいたい。これ以上、同じ被害を受ける店舗が出て来ないようにしてほしい」という指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)