熊本県議による喫煙と飲酒だけじゃない、甲子園スタンドで相次ぐ迷惑行為

甲子園球場では喫煙や飲酒以外にもさまざまな迷惑行為 チアリーダーたちの盗撮被害も

記事まとめ

  • 熊本県の井手順雄県議会議員が禁煙の甲子園球場で喫煙していたとして問題になっている
  • 甲子園球場では、喫煙や飲酒以外にもさまざまな迷惑行為が発生しているという
  • チアリーダーたちの盗撮被害が切実で、格好を見直すべきではという声もあがっている

熊本県議による喫煙と飲酒だけじゃない、甲子園スタンドで相次ぐ迷惑行為

熊本県議による喫煙と飲酒だけじゃない、甲子園スタンドで相次ぐ迷惑行為

画像はイメージです

熊本県の井手順雄県議会議員が、8月18日に禁煙の甲子園球場のアルプススタンドで喫煙していたとして問題となっている。井手氏は母校の九州学院高校の試合を、加熱式たばこを吸いながら観戦。さらに缶チューハイも飲んでいた。当日の現場では「タバコのにおいがする」といった苦情が生じ、学校関係者が注意するも喫煙をやめなかったと一部では報じられている。

 多くの人が観戦に訪れる甲子園球場では、喫煙や飲酒以外にもさまざまな迷惑行為が発生している。

 目下、切実な問題となっているのが、チアリーダーたちの盗撮被害だ。2022年の大会でも、サンダルに隠したカメラを女性のスカートの下に入れて盗撮しようとした45歳の男性が、兵庫県迷惑防止条例違反容疑で逮捕されている。

 このほか検挙まで至らないも、盗撮疑惑が濃厚なケースも無数にあるため、そもそも露出の多いチアリーダーの格好を見直すべきではという声も一部では挙がっている。

 さらに、甲子園球場では高校野球ではなくプロ野球の試合でも、迷惑行為は相次いでいる。6月5日には、デーゲームの試合を観戦していた60歳の男性が、37歳の警備員の胸ぐらを掴み暴行を加えた疑いで逮捕されている。男性は酒に酔った状態だったという。

 7月17日には、野球観戦に訪れていた男女のうち、女性(38)が先に帰ろうとしたため、41歳の男が激怒しバッグを蹴るなどしたため、暴行の疑いで逮捕されている。

 また、昨年10月19日には、32歳の男がマスクを着用していないことを注意した警備員にビールを吹きかけ、暴行の疑いで逮捕されている。これらは、いずれも阪神タイガースの試合中に起こったものである。逮捕された人物たちが必ずしも阪神ファンと言うわけでもないだろうが、少なくとも野球ファンの観戦マナーについては議論が生ずるところなのは確かだろう。

関連記事(外部サイト)

  • 2

    これが大阪人だよ。 今に始まったことではないし、騒いでも仕方がない。 (関西の住人)

  • 1

    皆さん、世界は俺を私を中心に回っている、と錯覚されているので御座いましょう。 自己中のオンパレード。

すべてのコメントを読む