食べ放題で男女2人がトングを使って乱闘騒ぎ もめた原因はカニの脚?

米国の食べ放題レストランでトングを使い乱闘騒ぎ カニの脚を巡り喧嘩が勃発か

記事まとめ

  • アメリカ・アラバマ州の食べ放題レストランでカニの脚を巡り乱闘騒ぎが起こったという
  • 女が男の前に横入りしたことで喧嘩が始まり、トングを取り取っ組み合いになったそう
  • 2人は皿も投げ合い、店のスタッフが警察に通報し、2人は暴行の罪などで逮捕された

食べ放題で男女2人がトングを使って乱闘騒ぎ もめた原因はカニの脚?

食べ放題で男女2人がトングを使って乱闘騒ぎ もめた原因はカニの脚?

画像はイメージです

 食べ放題は老若男女に人気があるが、海外では、食べ放題を巡って逮捕者が出る事件が起こった。
 アメリカ・アラバマ州の食べ放題レストランで、若い女と年配の男がカニの脚を巡って乱闘騒ぎを起こしたと、海外ニュースサイト『Global News』と『Delish』が2月28日までに報じた。報道によると、2人は2月21日の夜、食べ放題レストランに訪れたそうだ。2人とも、いくつかの料理がある中で、カニの脚を食べようと、カニの脚を待つ列に並んだ。2人が列に並んだ時、カニの脚は全てなくなっており、新しいカニの足が補充されるまで10〜20分ほど待ったという。

 カニの脚が補充された時、女が男の前に横入りしたそうだ。男は、横入りされたことに腹を立て、女に詰め寄ったことで喧嘩が始まった。警察によると、現場では多くの人が、女が横入りする場面を見たという。
 最初は口論だったが、次第にヒートアップし、2人はレストランにあったトングを取り、取っ組み合いの喧嘩を始めたそうだ。2人は近くにあった皿も投げ合い、現場にいた人は『Global News』のインタビューに対し、「皿は至るところに砕け散り、まさにフェンシングの試合を見ているようだった」と話している。乱闘騒ぎを受け、店のスタッフが警察に通報し、2人は暴行の罪などで逮捕された。なお、2人の怪我の具合は分かっていない。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「周りにも多くのお客さんがいたはずなのに、2人は大迷惑」「詰め寄って、取っ組み合いの喧嘩をする前に、男は口頭で注意しなかったのか。2人とも大人気ない」「食べ放題でここまで熱くなれるのがすごい」などの声が挙がっていた。

 食べ放題でのトラブルは海外だけではなく、日本でも多く起きているようだ。
 今回の事件と同じように、横入りによるトラブルは多く見られるようで、「食べ放題に行き、その場で作ってくれるパスタの出来上がりを待っていたら次々に横入りされた。数人に横入りされた後、さすがに怒鳴ったけど、『自己中』だと言い返された」「きちんと列に並んでいたのに、おばちゃんの集団に横入りだと因縁をつけられ揉めたことがある」というトラブルが報告されている。

 また、「食べ物をお皿にてんこ盛りに持った人が自分にぶつかってきて、自分の洋服が汚れ、注意したら泣かれた」というトラブルや、「SNSに載せるためか、明らかに食べきれない量をテーブルに運んでいる若者がいて、思わず注意してしまったらキレられた」というトラブルもあるようだ。

 食べ放題は食べたいものを好きなだけ食べられるという自由があるだけに、一人ひとりがマナーを守りたいものだ。

記事内の引用について
「Buffet brawl over crab legs includes 2 people fencing with tongs, smashed dishes」(Global News)より
https://globalnews.ca/news/5004929/buffet-brawl-over-crab-legs-fencing-with-tongs/
「A Fight Over Crab Legs Just Broke Out At An Alabama Buffet」(Delish)より
https://www.delish.com/food-news/a26574479/buffet-fight-over-crab-legs/

関連記事(外部サイト)