相手のとんでもない部分を噛んだサッカー選手、5年間の出場停止処分に 被害者も6か月の出場停止

相手のとんでもない部分を噛んだサッカー選手、5年間の出場停止処分に 被害者も6か月の出場停止

画像はイメージです

 スポーツで試合が白熱すると、選手同士が揉め事を起こすことがあるが、海外では、サッカーの試合後、対戦相手のとある場所に噛み付いた選手がいる。
 フランス、東フランスのサッカー地域リーグ、スートリッシュとテルヴィルの試合後に、スートリッシュの選手が、テルヴィルの選手の性器に噛みつき、テルヴィルの選手が怪我を負ったと、海外ニュースサイト『FOX Sports』と『Daily Mail Online』が2月19日までに報じた。報道によると、試合後、両チームの選手が小競り合いを起こしたそうだ。それを見たテルヴィルの選手の一人が小競り合いを止めようとした。テルヴィルの選手が小競り合いを止めようとした時、小競り合いをしていたスートリッシュの選手に性器を噛みつかれたという。

 テルヴィルの選手が逃げようとするも、スートリッシュの選手は性器を噛み続け、テルヴィルの選手は性器を10針縫う怪我を負った。なお、この日の試合は1対1の引き分けで、小競り合いの原因は明かされておらず、試合中に問題があったという情報もない。
 事件を受け、リーグの懲戒委員会は、性器に噛み付いたスートリッシュの選手には5年間の出場停止処分を科し、負傷したテルヴィルの選手には6か月間の出場停止処分を科したそうだ。試合はテルヴィルのホーム試合だったため、安全義務を怠ったとして、テルヴィルにも勝ち点2の減点と200ユーロ(約2万3000円)の罰金が科せられている。

 このニュースが世間に広がると、ネット上では「仲裁に入った選手が負傷してかわいそう」「どうやって股間に噛み付いたのか。10針を縫うなんて歯の力は相当だ」「加害者であるスートリッシュの選手が罰を受けるのはともかく、被害者であるテルヴィルの選手とチームも罰を受けてかわいそう。喧嘩を始めたスートリッシュの選手も罰を受けるべき」などの声が挙がっていた。

 海外には、サッカーの試合中に起きた事件が他にもある。
 ブラジル・リオグランデ・ド・スル州のサッカー2部リーグ、サプカイエンシ対ファホウピーリャの試合中、サプカイエンシの当時21歳の選手が逮捕されたと、海外ニュースサイト『THE Sun』が2017年5月に報じた。同記事によると、試合開始15分後、数人の警察官がピッチサイドに訪れ、ベンチに座って出番を待っていたサプカイエンシの選手に手錠を掛けたという。

 サプカイエンシの選手はショッピングセンターで女性を誘拐した容疑など3つの容疑で逮捕された。サプカイエンシの広報は選手の逮捕を受け、「我々クラブは事件とは無関係だ。選手の逮捕にも協力した」と話しているという。

 多くの子供たちが憧れるサッカー選手は子供たちに夢を与えるべきで、事件を起こすべきではない。

記事内の引用について
「Footballer is suspended for five years in France after biting opponent's penis during a match (and his victim gets a six-month ban)」(Daily Mail Online)より
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8017505/Footballer-suspended-five-years-France-biting-opponents-penis.html
「Footballer gets five-year ban for biting rival on the penis in post-match fight」(FOX Sports)より
https://www.foxsports.com.au/football/footballer-gets-fiveyear-ban-for-biting-rival-on-the-penis-in-postmatch-fight/news-story/df3d887493439a8cd2a52ffeda67b2c0
Brazilian footballer arrested DURING match in police raid after being accused of robbery and kidnap」(THE Sun)より
https://www.thesun.co.uk/sport/football/3478145/brazilian-footballer-robbery-kidnap-arrested-during-match/

関連記事(外部サイト)