寂しい女性は狙いやすい? 外出自粛中に“落とされた”女たち

寂しい女性は狙いやすい? 外出自粛中に“落とされた”女たち

画像はイメージです

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出自粛が続いているが、外出自粛は恋愛において女性の判断力を鈍らせることがあるようだ。

 外出自粛で外に出られないことで、特にフリーの女性は寂しさを感じることが多いという。そんな時に優しい言葉を掛けられると、いつも以上に相手を信頼してしまうことがあるそうだ。
 「頻繁に連絡をしてくる会社の先輩がいて、私に興味があると分かっていました。しかし、顔が好みではなかったので、うまくあしらっていたんです。でも、外出自粛になった時、友達には夫や彼氏がいるのに、私は一人だなってふと思ったんです。そう思ったら急に寂しくなって、先輩に甘えたいことを言い出してしまいました。先輩もチャンスと思ったのか、私に告白。私はうっかりOKしてしまいましたが、自分で寂しさゆえだと分かっているので、これで良かったのか自問自答の日々です」(20代女性)

 また、友情関係から急に恋愛に発展するパターンもあるようだ。
 「外出自粛により、一人暮らしの私は毎日暇すぎて、男友達と頻繁に連絡を取るようになりました。お互いフリーで気兼ねない友人だったのですが、毎日LINEや電話をしているうちに、私にはこの人が必要なんだと思ってしまったんです。勢いで告白して付き合うことになりましたが、その時は自分の心に余裕がないだけだったのではないかと、冷静に分析して戸惑っています。多分、相手も少しは後悔していると思います」(20代女性)

 さらに、外出自粛は出会いの形も変えているようだ。
 「出会い系アプリで知り合った男性がいたのですが、知り合ってすぐに外出自粛になってしまったので、テレビ電話で食事をしながら話すデートを何回かしました。今、付き合う方向になっているのですが、相手のSNSを探し出し、見てみると思ったより太っていて服のセンスもかなり悪かったんです。テレビ電話ではほぼ顔しか見られなかったので分かりませんでした。外出禁止で人恋しくなっていて、判断力が鈍ったなと思っています」(30代女性)

 外出自粛は恋愛のハードルを下げる効果があるようだ。

関連記事(外部サイト)