35歳弁当店店員の女、女性アルバイトの鼻にピアスを開け逮捕 丸刈りにした疑いでもすでに逮捕

35歳弁当店店員の女、女性アルバイトの鼻にピアスを開け逮捕 丸刈りにした疑いでもすでに逮捕

画像はイメージです

 18日、香川県高松市の弁当屋店員(35)が、女性アルバイトが遅刻したことに腹を立て、左の鼻にピアスの穴を開けたとして逮捕された。

 この女はリアルライブでも既報だが、今年4月、客から「髪の毛が入っている」とクレームを受けた20代女性店員に激怒し、「おどれいうこときかんのか」「髪、丸刈りにしな」などと脅し、店内でダンボールの中に頭を押し込み、ハサミで髪を丸刈りにしたとして暴行の疑いで逮捕されていた。

 ?>>弁当店の女性店長と店員、アルバイト女性の髪を強制的に丸刈りにして逮捕 その動機と行動に怒り殺到 <<???

 愛想が良く、容姿も評判だったという35歳の女。しかし、その内面は実に凶暴かつ陰湿だった様子。今回新たに、頭を丸刈りにされた女性に対し、遅刻したことに立腹すると、ピアッサーを購入し左の鼻に無理やり穴を開け全治3か月の怪我を負わせたとして傷害の疑いで再逮捕された。

 当日は「おどれいうことをきかなこうなるんじゃ」「鼻ピアスあけりや」と脅迫めいたメッセージを送信していたという。また、今年3月には「お前は病気じゃ」「血を採って検査せないかん」などと話し、女性に額の皮膚をそがせたことも発覚し、強要の罪で18日に起訴されている。なお、この弁当屋の店長(53)も丸刈り事件で逮捕されており、店ぐるみでの犯行だった可能性も否定しきれない。

 35歳女の度重なる凶行に「怖すぎ。いじめ感覚だったのだろうが、やってることがエグすぎる」「女の職場ってこうだよね。ちょっと若くてチヤホヤされると嫉妬して嫌がらせをする」「店舗責任者も犯罪に加担していたのなら救いようがない。最低の事件」などと怒りの声が相次ぐ。

 一方で、「被害女性はどうして辞めなかったのだろう」「もっと早く誰かに相談するとか、すぐ逃げるとかすれば、被害を受けなかったのでは…」という指摘も出た。

 被害女性を責める声もあるようだが、最も悪いのは人格を無視し、「ペナルティ」をチラつかせていじめをエスカレートさせていった女。厳しい刑罰を与えるべきという声が噴出している。

関連記事(外部サイト)