?10代男性、コロナ検査中自宅待機命令を無視し横浜から熊本に帰省 母親が納屋のテントで隔離

コロナ検査結果待ちの男性が飛行機で熊本に帰省 母親は納屋にテントを張り隔離させる

記事まとめ

  • 新型コロナウイルス検査の結果待ちだった10代男性が、飛行機で実家の熊本県に帰省
  • 母親に報告すると、母親は家に入れず納屋にテントを張って隔離させたという
  • 男性はその後感染が発覚、「テロと言っても不思議じゃない」などと怒りの声もあがった

?10代男性、コロナ検査中自宅待機命令を無視し横浜から熊本に帰省 母親が納屋のテントで隔離

?10代男性、コロナ検査中自宅待機命令を無視し横浜から熊本に帰省 母親が納屋のテントで隔離

画像はイメージです

 27日、神奈川県横浜市で新型コロナウイルスの検査を受け、結果待ちだった10代男性が、飛行機で実家の熊本県阿蘇市に帰省し、その後感染が発覚していたことが判明。この事案に怒りの声が広がっている。

 熊本県の発表によると、この男性は22日に熱や咳などの症状が出て、25日に検査。翌日、結果を待たずして羽田空港から飛行機に乗り込み、熊本県へ移動する。そして26日午後になり、陽性が確認され、27日午前中に感染が本人に伝えられた。なお、横浜市は自宅で待機するよう要請していたそう。

 ?>>風俗店店員、公式サイトに「検査の結果全員陰性」と嘘を記載し集客して逮捕<<???

 男性は実家に帰ると、母親に対し、「新型コロナウイルスの感染者と接触があり検査を受けた」などと報告。すると、母親は家に息子を入れず、納屋にテントを張って隔離した。無症状だと言うが、熊本県内の病院に入院している。

 このニュースに、「自分がコロナかもしれないとわかっていて飛行機に乗る。許せない」「テロと言っても不思議じゃない。罰せないものか」「こういうニュースを聞くと、まだまだ公共交通機関は危ないと感じる」「症状もあって、自宅待機命令が出ているのに飛行機で里帰りって常軌を逸した行動」「1ミリも理解できない」「少し待っていれば入院できたはず」と怒りの声が上がる。

 一方で、「10代だとろくにお金も稼げないだろうし、実家に帰りたい気持ちも理解できなくはない」「横浜で身寄りがなく、コロナになって不安な気持ちはわかる」「金稼ぐな、家にいろと言われても家賃や光熱費が払えない。八方塞がりな状況はなんとかするべき」と同情的な声も出た。

 東京以外では新型コロナウイルスの感染が収束しつつあるが、地方からの移住者が多い東京は新規感染者数が再び増加傾向にある。当然、感染者が地方に移動すれば、移されてしまう人物が出てしまい、全国的な感染に繋がってしまう。

 不安な気持ちがあったとしても、「人に移さない」ことを考えてもらうとともに、国や自治体もしっかりと指導やケアをしていく必要がある。

関連記事(外部サイト)