乱交パーティーで政府高官らを骨抜きにした美少女、暴露本出版前に謎の死を遂げた理由とは【政界の黒い闇? 語り継がれる陰謀説】

乱交パーティーで政府高官らを骨抜きにした美少女、暴露本出版前に謎の死を遂げた理由とは【政界の黒い闇? 語り継がれる陰謀説】

画像はイメージです

 1983年7月7日、アメリカのサンフランシスコにあるアパートの一室で当時31歳の女性ヴィクトリア・リン・モーガンが同居人に殺害される事件が発生した。注目すべきは被害者の素性だ。実は彼女、アメリカでも有数の大富豪アルフレッド・ブルーミングデールの愛人だった過去があり、政府高官らとのつながりもあったという。その関係から陰謀説が流れるなど、未だに多くの人から関心を集めている事件の一つである。

 ?>>少年のふりをして少女と性的関係を持ち逮捕された女 釈放後、すぐに同じ罪を犯し再び逮捕<<???

 被害者のヴィクトリアがアルフレッドと初めて会ったのは彼女が18歳のとき。女優を目指していた彼女は、お金持ちと接触するべく連日ハリウッドのカフェに通っていたところ、実業家のアルフレッドの目に留まったそうだ。そしてヴィクトリアは二回りも年の離れたアルフレッドをうまく翻弄し、見事愛人の座につき、巨額の手当や高級マンションを手に入れた。ある時は娘のように、またある時は女王様のように振る舞い、アルフレッドを心の髄までとりこにしたヴィクトリア。18歳にして多様な顔を使い分ける術を知っていた彼女は、尽くすフリをしてアルフレッドから巨額の大金を搾り取ることに成功した。

 そして、アルフレッドからの信頼も勝ち取った彼女は次第に彼の仕事関係のパーティーにも顔を出すようになる。当時アルフレッドは時のレーガン大統領の近くで仕事をすることが決まり、政界の人間とのコネクションが急激に増えている時期だった。何とか政府の弱みを握りたいアルフレッドに、ヴィクトリアがその役を買って出た。表に出ると問題になる乱交パーティーやその他催しものをヴィクトリアが先導し、その様子をビデオに記録したという。結果的にアルフレッドの事業は順調に進み、ヴィクトリアも愛人として何不自由のない生活を以後10年間にわたって送った。

 転機が訪れたのは1982年のこと。アルフレッドが喉頭ガンを患って入院する事態になった。そこで夫に代わり財産管理を担当した本妻がようやく愛人の存在に気付いたのだ。月々1万ドル近くヴィクトリアに送られていた手当は廃止され、これにヴィクトリアは激怒し、アルフレッドとの同居解消手当を求める訴訟を起こした。そんな中、アルフレッドは息を引き取るのだが、ヴィクトリアは勝算があったのか同居解消手当を1000万ドルまで吊り上げた。しかし、法廷は1000万ドルとはほど遠い20万ドルで和解することを提案し終結。ヴィクトリアの愛人生活はあっけなく終了した。

 この判決に納得いかなかった彼女は愛人生活で得た情報を元にした暴露本の準備にとりかかった。ヴィクトリアは政府高官とのパーティーを記録したビデオを持っていると公言しており、本の内容には世間からの関心が集まったという。しかし、出版間際になって事件が起きる。1983年7月7日、同居人のマーヴィン・パンコーストがヴィクトリアを殺害したのだ。彼は自ら警察署に自首して殺しの動機を語った。「金欠の不平を毎日のように訴えられて腹が立った」。

 結局、暴露本の内容は明らかになっておらず、ヴィクトリアが話していたビデオも世間には公開されていない。彼女を殺害したマーヴィンも1991年にエイズのため死亡している。単純な痴話喧嘩の末に彼女は殺されてしまったのだろうか。ヴィクトリアが抱えていた情報と、暴露本の出版前というタイミングのせいで、アメリカでは未だに陰謀説がささやかれている。

関連記事(外部サイト)