あの「本能寺の変お知らせハガキ」が手に入る!“明智光秀のサポーター”になるクラファン、受付締め切り間近

あの「本能寺の変お知らせハガキ」が手に入る!“明智光秀のサポーター”になるクラファン、受付締め切り間近

本能寺の変お知らせハガキ(c)福知山市

 リアルライブでも取り上げた、京都府福知山市の「本能寺の変 原因説50 総選挙」。その際に話題となった【本能寺の変お知らせハガキ】が手に入るチャンスが再び訪れた。

 >>>>あなたが思う「本能寺の変」の理由・説は? 京都福知山市「本能寺の変 原因説総選挙」2日に結果発表<<<<

 本能寺の変が起こった日、6月2日に結果が発表された「本能寺の変 原因説50 総選挙」結果。この企画には、全国47すべての都道府県ならびに海外から、約3万人が参加するという盛り上がりを見せた。栄えある1位には「暴君討伐説(信長非道説)」が選ばれた。2位以降も興味深い結果となっており、気になる人は是非結果を確認してほしい。
 
 この企画は、光秀が大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の主役として脚光を浴びながらもコロナ禍でドラマ放送が一時休止、福知山城とミュージアムは3月から5月に臨時休館となってしまったのがきっかけ。注目が集まる中、絶好の行楽日和が続くのに誰もいないミュージアムと、ステイホーム生活を送る人を思い、本能寺の変の全50の原因説から“推し説”をオンラインで投票してもらったという。

 この企画が大反響となった理由は、参加者に抽選で当たる【本能寺の変お知らせハガキ】だという。歴史のパロディ画像を手掛けるスエヒロさんがTwitter上で発表した、光秀から福知山城にいる明智秀満(左馬助)に宛てた「謀反に関する重要なお知らせ」という行政ハガキのパロディを、福知山市が実際に圧着ハガキ化し、投票者に抽選でプレゼントされた。当選倍率が240倍となったことから「【お知らせハガキ】を何らかの方法で手に入れないか」という声も市に寄せられていたという。

 6月1日から福知山城とミュージアムが再開するも、人数制限をしており、8月現在、入場者数は、当初目標の半分程度だという。この状況をふまえ、日本全国どこにいても参加できるクラウドファンディング型ふるさと納税「急募!光秀×福知山サポーター!」をスタート。「光秀のまち福知山」をサポートしてくれる人に、お礼状と入場券とともに人気の【本能寺の変お知らせハガキ】がお届けられることとなった。

 >>全ての写真を見る<<
 
 7月から始まったこのクラウドファンディングは、目標 3,211,000円(みつひで円)を7月4日に2日で達成。ネクストゴール 5,532,110円(Go!Go!みつひで円)も7月7日の5日で達成という破竹の勢いを見せた。8月19日17時現在、支援者は2800人を超え、950万円を超える寄付が集まっている。ファイナルゴールは、11,132,110円(いいひと!みつひで円)超え。高い頂ではあるが、光秀を良君として慕う風土がある福知山市ならではの「大台」金額にし、達成に向けラストスパートがかかっている。

 申込期限は8月31日。3000円以上の寄附をすると「明智光秀×福知山サポーター」として、福知山城天守閣&福知山光秀ミュージアム【無料入場券】、【本能寺の変お知らせハガキ】、福知山の観光パンフレットが送られる。

 話題のハガキを手に入れつつ、平穏な世の中になった際に光秀ゆかりの地を訪れてみてはいかがだろうか。

【本能寺の変お知らせハガキ】の次なる展開!急募!明智光秀×福知山サポーター!
https://www.satofull.jp/projects/business_detail.php?crowdfunding_id=65
明智光秀「本能寺の変 原因説50 総選挙」3万人の“推し説”投票結果発表!
https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/site/mitsuhidemuseum/hng50result.html

関連記事(外部サイト)