古市氏、石破氏に「党内で人気がないのはどう分析されてる?」ド直球質問に「自民党内というより…」

石破茂元幹事長に古市憲寿氏が直球質問 「党内で人気がない」発言で石破氏の顔変わる

記事まとめ

  • 『とくダネ!』で、社会学者の古市憲寿氏が、石破茂元幹事長にド直球の質問をぶつけた
  • 古市氏は「党内で人気がないと言われていますけど、どう分析されていますか?」と質問
  • 古市氏の発言で石破氏の顔が変わる場面もあり、「空気を読まない」古市氏を評価する声

古市氏、石破氏に「党内で人気がないのはどう分析されてる?」ド直球質問に「自民党内というより…」

古市氏、石破氏に「党内で人気がないのはどう分析されてる?」ド直球質問に「自民党内というより…」

画像はイメージです

 自民党総裁選が近づく中、社会学者の古市憲寿氏が、2日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、立候補している石破茂元幹事長にド直球の質問をぶつけた。それは何と、同氏の自民党内での人気の無さについてだった。そしてこの後、古市氏の発言で石破氏の顔が変わる場面もあったという。
 「古市氏は『身近な人から信頼を受けていない人を、果たして信じていいのかという声もある』と切り出しながら、『自民党内で評判が良くない、人気がないと言われていますけど、ご自身ではどう分析されていますか?』とぶっこんだのです。

 ?>>古市氏、安倍首相の土下座像「民間人が私有地に作った」撤去はやり過ぎと主張 「公共に開放された植物園」と指摘も<<???

 「これに対して、石破氏は『自民党内というより自民党国会議員と言った方がいいかもしれない』と訂正しつつ、『おかしいのはおかしいんじゃないの?と、34年間言い続けてきた。それを言われるのが“困っちゃう”という方もおられる。それはそうなんだけど、“それをここで言うなよ”ということがある。それが煙ったいというのがあるかもしれない』と、自身に対する評価について冷静に分析したのです」(芸能ライター)

 また、人付き合いが悪いということについて、石破氏は「お酒は人一倍飲むし、食べ物も好き」と説明しつつ、「北海道だけでも179市町村もある。そこで誰が何を考えているんだろう、誰が何に困っているんだろう、誰が何に泣いているんだろう、それを知らないで政策は作れない」と名回答。つまり時間の制約がある中、議員との会食より、国民に会うことを優先するという考えを示したのだ。
 SNS上では、あえて厳しい物言いをすることで、こうした石破氏の政治姿勢を引き出した古市氏に、「古市氏のこういうとこ好きだな」「さすが古市」「空気を読まないのって大事やなぁ・・・」「はっきりした物言いが好き」と意外にも評価が。

 ちなみに、この後、古市氏は石破氏のイメージについて、「軸がある一方で永遠の反抗児という感じがする」と話し、「自民党を離れた時期もあったが、野党として自民党と戦おうとは思わないのか」とも聞いた。この時はさすがに一瞬、石破氏の表情が変わったが、同氏は「思いません」ときっぱり。「『自民党を良くしてくれよ』という思いが全国のあちこちにあるのに、自民党辞めますわという選択肢はない」と話していた。世論調査では高い支持があると言われている石破氏。新首相への逆転の一手はあるのだろうか。

関連記事(外部サイト)