繰り返された殺人…有名銀行強盗事件の少年時代の犯罪【衝撃の未成年事件簿】

繰り返された殺人…有名銀行強盗事件の少年時代の犯罪【衝撃の未成年事件簿】

画像はイメージです

 1979年1月26日に、大阪府大阪市で発生した「三菱銀行人質事件」。銀行強盗目的で三菱銀行北畠支店(現:三菱UFJ銀行北畠支店)に押し入った猟銃を持った男が、銀行員と警察官の4人を射殺。後に自分も警察官に射殺されるという戦後昭和史に残る重大事件である。

 ?>>男子高校生が小学生を切りつける「日本の切り裂きジャック事件」【衝撃の未成年事件簿】<<???

 この事件の犯人は梅川昭美(うめかわ あきよし)という当時30歳の男であったのだが、実は梅川はこの三菱銀行人質事件を起こす16年前の15歳時にも事件も起こしていたのだ。
 「大竹市強盗殺人事件」と呼ばれる広島県大竹市で発生した本事件は、少年時代の梅川が起こした猟奇殺人事件である。

 昭和23年(1948年)に同市で生まれた梅川は、学生時代から不良で有名であり、高校生の頃にはオートバイを盗んだ罪で補導されたこともあったという。
 工業高校を中退した梅川は、実家のある同市でブラブラしており、遊ぶ金欲しさに強盗を思いつく。

 昭和38年(1963年)12月、梅川は一時期アルバイトをしていた建設業の社長宅に押し入り、切り出しナイフ(木などを削る工具の一つ)を持って、留守をしていた社長親族のMさんを殺害。現金や預金通帳などを持って逃亡した。Mさんの遺体はナイフによって胸などを刺されているほか、何発も殴打された箇所があり、見るも無残な状態であった。

 翌日には梅川は逮捕。成人であれば無期懲役か死刑が妥当なところだが、未成年であったため少年法が適用されて少年院送致となり、1年半で退院し社会へ戻ってきた。

 その後も梅川は非行を続けていたようで、金融会社に多額の借金を重ねていたほか、交際する女性と同居するも、気に喰わないことがあると外に放り出すなど、やりたい放題を重ねていたという。
 そして、30歳となり、借金で首の回らなくなった梅川は、銀行強盗を思いついたのであった。

 少年時代に殺人を犯した人物が、成人後に再び殺人を犯したという事実に、世間は恐怖し、少年法の見直しや銃砲所持資格の厳重チェック(梅川は前科持ちがあったが、少年時代だったこともあり2年前に猟銃の所持資格を持っていた)を要求する声が挙がった。

 残忍な銀行強盗事件として知られる「三菱銀行人質事件」。だが、その背景には少年法の問題点が隠れていたのである。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

関連記事(外部サイト)