虫混入の報告が相次いだプロテイン、謝罪対応に更なる批判「回収すらしないって…」の声も

「マイプロテイン」のプロテインバーに虫混入 公式サイトで謝罪も対応に批判の声

記事まとめ

  • 「マイプロテイン」が販売しているプロテインバーに虫が混入していると騒動に
  • マイプロテインは公式サイト上で謝罪も、回収の有無については記載がなかった
  • 「回収すらしないって企業対応としてどうなんだろう」など、苦言が殺到している

虫混入の報告が相次いだプロテイン、謝罪対応に更なる批判「回収すらしないって…」の声も

虫混入の報告が相次いだプロテイン、謝罪対応に更なる批判「回収すらしないって…」の声も

画像はイメージです

 プロテインブランド「マイプロテイン」が販売しているプロテインバーに虫が混入しているとネット上で騒動となり、「マイプロテイン」が謝罪したものの、その対応が物議を醸している。

 ?>>撮り鉄に向け「死にますよ。マジで」会津鉄道の注意喚起に絶賛の声「どんな神経してるんでしょうか?」<<???

 今月11日頃からネット上で始まったこの騒動。未開封のプロテインバーを開封したところ、米粒ほどの茶色い虫や、小さな白い虫が大量にバーに付着しているというもので、ネット上で写真とともに報告が相次いでいたが、これを受け、「マイプロテイン」は15日に公式サイト上に、「お知らせとお詫び」という文書をアップ。「異物が混入しているものがあることが判明いたしました」とし、虫混入の原因については「独立した第三者機関がこの問題を調査した結果、問題の製品が輸送中に発生した事故」だとし、「調査の結果、製品の欠陥は、消費された場合、人の健康へのリスクをもたらすものではないと結論付けました」と人への健康被害はないとし、商品回収の有無については記載がなかった。

 「マイプロテイン」はこの文書を公式ツイッターでも告知していたが、ツイートのリプライ欄は「マイプロテイン」がフォローしているユーザーしかツイートを投稿できないという閉鎖的なものになっている状態。さらに、アメリカ版、フランス版のツイッターアカウントは一時的に鍵が掛けられ、フォローしていなければアカウントを閲覧することができない状態となっていた。

 この「マイプロテイン」の対応に対し、ネットからは、「これ以上クレーム受け付けないってこと…?」「誠意が感じられない」「回収すらしないって企業対応としてどうなんだろう」という苦言が殺到。また、文書の内容に対しても、「未開封なのに輸送中に虫がつくっておかしい」「虫がびっしりついてたらと思うと、買い置きのやつ開けられない」「騒動から3日くらいで独立した第三者機関に調査してもらった結果が出るってことある?」という不信の声が上がっているほか、「マイプロテイン」のオートミールから虫が出てきたという報告も聞かれている。

 騒動直前には、コロナ禍の影響もあってか商品発送の遅延を指摘する声も聞かれており、通販でのある購入者は3か月待ちとなったため、キャンセル・返金したという。

 謝罪対応のはずが、より批判を広げる事態となってしまったようだ。

記事内の引用について
マイプロテイン公式ツイッターより https://twitter.com/MyproteinJP

関連記事(外部サイト)