一家を惨殺した後に味噌汁をすすり4長女を待ち構えたストーカー男、警察が身柄を捉えられないまま訴訟に発展した理由とは【未解決事件ファイル】

一家を惨殺した後に味噌汁をすすり4長女を待ち構えたストーカー男、警察が身柄を捉えられないまま訴訟に発展した理由とは【未解決事件ファイル】

画像はイメージです

 1998年1月14日、群馬県群馬町(現在の高崎市)で電気工事業を経営していた男性(当時48歳)とその妻(当時47歳)、男性の母親(当時85歳)の一家3人が殺害される事件が発生した。警察の捜査により、以前から被害者の長女A(当時20歳)さんにストーカーしていた、トラック運転手のB(当時28歳)が容疑者と断定されるも、足取りが掴めていない。

 ?>>1000人以上の村人が一夜にして失踪、20年の時を経て報道された理由とは【未解決事件ファイル】<<???

 犯行が行われたのは14日の午後7時頃。BがAさん宅に押し入り、応対したAさんの父親を後ろから刃物で数か所刺し、続けてAさんの母親も刃物で殺害した。さらに、Aさんの祖母を見つけると、首を絞めて殺害。司法解剖の結果、Aさんの父と母は失血死、祖母は窒息死であることが判明した。

 驚くべきことに、Bは犯行後も現場に居座り続け、Aさんを待ち伏せていた。Aさんが帰宅したのは犯行から2時間後だったが、その間Bは被害者の味噌汁を飲むなどして時間を潰していたことが判明している。午後9時過ぎに帰宅したAさんだったが、3人の姿が見えずテレビの音も聞こえてこないことに異変を感じたそうだ。そして、取りあえず自分の部屋に行こうとした彼女の目の前にBが現れた。BはAさんに襲いかかり、性的暴行をしようとした。Aさんは助けを求めて叫んだが、家族からの反応はなかった。Aさんは必死で抵抗し、思いとどまるように説得を続けると、Bは「家族は薬で眠っている」と言い残して去っていったという。幸いAさんは軽い擦り傷を負っただけで済んだ。Aさんはすぐに警察に通報した。駆け付けた警察官が3人の遺体を浴室や押し入れで発見した。

 警察はすぐにBの行方を追ったが、1月21日深夜に群馬県から埼玉県周辺でBの車が確認できたのを最後に足取りが途絶えている。本人の身柄はおろか、逃走車両も見つかっていない。住居への不法侵入、そして3人の殺害容疑でBは全国に指名手配されたが、結局成果はなかった。

 BはAさんが勤務するドラッグストアに荷物を搬入するトラック運転手だった。Aさんと顔を合わすうちに一方的に好意を持ち、しつこく付きまとうようになったという。当時はストーカー行為等の規制等に関する法律が制定される前だったこともあり、警察の協力は得られなかった。職場の人達はAさんを守るために協力をしてくれたものの、Bのストーカー行為は激しさを増すばかりだった。

 事件から20年後の2018年11月7日には、Aさんら遺族が指名手配犯のBに損害賠償を求める訴えを起こした。裁判所は全面的に遺族の訴えを認め、Bに請求通り1億円余りの支払いを命じた。しかし、2020年9月現在もBの行方は分かっておらず、支払いに応じる見込みは事実上ないとみられる。事件の翌年には桶川ストーカー殺人事件が発生し、2000年にストーカー規制法が制定された。Bは今どこにいるのだろうか。

関連記事(外部サイト)