丸山穂高議員、菅政権の北方領土問題対応に「逆に先送りの方がマシ」 過去に「戦争で取り返す」発言も

丸山穂高議員、菅政権の北方領土問題対応に「逆に先送りの方がマシ」 過去に「戦争で取り返す」発言も

丸山穂高議員公式ツイッターより https://twitter.com/maruyamahodaka

 丸山穂高衆議院議員が、ロシアのプーチン大統領と電話会談を行った菅義偉新首相を皮肉った。菅首相は会談で、北方領土問題を次の世代に先送りさせず終止符を打たなければならないと述べた。この前に、北方領土で軍事演習が始まったことに関しては外務省が抗議しているとして、電話会談では話題にしていなかったとも伝えられている。

 ?>>「ちゃんと理由があって入れている」丸山穂高議員、首相指名で小泉進次郎議員投票の理由を説明<<???

 丸山議員は、この点に関して9月30日のツイッターで「遺憾砲は遺憾砲でも直接電話会談してるのに触れもせず、遥か遠方で鳴ってるやつでしたか。また2島先行案と経済援助。結果、金をひたすら毟り取られて自らの長年の主張をも後退させ、結果国益損ねるレベルなら逆に先送りの方がマシでは?」と皮肉った。「遺憾砲」といったネット用語を使った丸山節が全開と言える。これには、ネット上で「やられっぱなしですよね。あちらさんに」「最終的にどういう形で落ち着くんですかね。現状では4島どころか2島も返還されそうにないし」といった共感と、現状に対する嘆きの声が聞かれた。

 さらに、「丸山さんの言い方と場所と報道のされ方が最悪だったけど、提言は改めて当然だと思う」といった声も聞かれた。丸山議員は2019年に、北方領土の国後島で酒に酔った状態で「北方領土を戦争で取り返すしかない」といった発言を行い、所属していた日本維新の会を除名処分になっている。
 丸山議員はこれまでも、日本の弱腰外交に対して批判を続けてきた。前日のツイッターでは「まだ交渉ガーとかいってるとか、お人好しももう三周半ぐらいしとるで」とも、関西弁でツッコミを入れている。

 ネットの声にある通り、酒に酔っての暴言は問題と言えるだろうが、氏のスタンスは一貫していると言えそうだ。

記事内の引用について
丸山穂高氏のツイッターより https://twitter.com/maruyamahodaka

関連記事(外部サイト)