賽銭箱を箱ごと持ち去り、71歳男を逮捕 「今どき防犯カメラも知らないのか」呆れ声も

賽銭箱を箱ごと持ち去り、71歳男を逮捕 「今どき防犯カメラも知らないのか」呆れ声も

画像はイメージです

 岩手県盛岡市の盛岡八幡宮で、賽銭箱を盗んだとして71歳無職の男が逮捕されたことが判明。その行動に憤りの声が相次いでいる。

 事件が発覚したのは7日。盛岡八幡宮の職員が、賽銭箱がなくなっていることに気が付き、警察に通報する。警察が駆けつけると、敷地内にいた71歳の男を発見し、職務質問。容疑が発覚し、窃盗容疑で逮捕された。

 ?>>75歳男180円の賽銭を盗み、注意した神職をバールで脅し逮捕 罰当たりな行動に疑問の声も<<???

 防犯カメラの映像などから、事件が6日午前11時15分頃発生したことが判明。警察によると、容疑者はドライバーのような工具で賽銭箱を固定していたネジを外し、箱ごと持ち去っていた。その後、賽銭箱は空の状態で盛岡八幡宮内の林から発見されている。

 逮捕された男はこれまでも盛岡八幡宮に姿を見せており、警察は余罪の可能性もあると見て捜査を進めていく方針だ。盛岡八幡宮の関係者によると、賽銭が盗まれることは過去にもあったそうだが、箱ごとはめったにあることではないのだという。そして、「非常に罰当たりだ」と憤っているという。なお、賽銭箱付近には防犯カメラが設置されており、盗みを働いてもすぐに犯人が確認できるようになっているとのことだ。

 罰当たりな行動に、「情けない。71歳にもなって賽銭箱を盗むなんて」「今どき防犯カメラが賽銭箱付近に張り巡らせていることを知らなかったのか」「カネに困っていたのか、それとも愉快犯だったのか。いずれにしても許せない」「お参りに来た人間の想いを踏みにじっている。許しがたい」と怒りや憤りを示すネットユーザーが相次ぐことになった。

 神社の賽銭箱を盗む行為は、不届きな行為と言わざるを得ない。多くの人の思いを踏みにじったことを自覚し、猛反省すべきだ。

関連記事(外部サイト)