56歳無職男、中学校に侵入しピアノカバーを盗み逮捕 同校で4件発生、「匂いフェチ」の犯行か

56歳無職男、中学校に侵入しピアノカバーを盗み逮捕 同校で4件発生、「匂いフェチ」の犯行か

画像はイメージです

 愛知県名古屋市熱田区の中学校に侵入し、ピアノカバーを盗んだとして56歳無職の男が窃盗などの容疑で逮捕されたことが判明。その行動が物議を醸している。

 逮捕された男は2015年8月、熱田区内の中学校に窓ガラスを割って侵入し、ピアノに被せてあったピアノカバーを盗んだ疑いが持たれている。警察が容疑者の自宅を捜索したところ、7枚のピアノカバーが発見された。

 ?>>「匂いをかぎたかった」61歳男、学校に侵入しサンダルを盗もうとして逮捕<<???

 被害を受けた中学校では、2014年からピアノカバーが盗まれる事件が4件発生しており、この男が関与している可能性も指摘されている状況だ。現在、警察が男の動機などを調べており、犯行に至った理由などは不明だが、ネット上では匂いにつられた「フェチ」を発端とした犯行ではないかと見る声がある。

 匂いフェチが起こした窃盗事件は、今月同じ東海地方の三重県でも逮捕者が出た。桑名市内の中学校に61歳の男が侵入し、教職員用の下駄箱からサンダルを取り出し、別の場所で匂いを嗅いでいたのだ。
 また、2019年には、東京都足立区内の小学校に侵入して、成人用の長靴を盗んだとして逮捕された事件も発生。男の自宅からは長靴271足、ゴム手袋17双、ゴムエプロン7枚が押収され、足立区の42箇所、葛飾区の12箇所で盗みを働いていたことが発覚。この男は「匂いがしなくなったら物を捨てた」という徹底ぶりで、「小学校の頃からゴムの匂いに興味を持っていた」などと、匂いに強い執着心を示していた。

 今回の男が匂いフェチだったかどうかは現状不明だが、「ピアノカバーって重要なもの。そんなモノ盗んで何になるんだろう」「匂いじゃなくて独特な手触りを好んだ可能性もあるのでは」「コレクションしているとなると、転売目的ではなさそう」など、真意をはかりかねる声が上がった。

 男の目的は不明だが、どのような物であっても学校に侵入し、盗む行為は犯罪。反省し、罪を償う必要がある。

関連記事(外部サイト)