めった刺しの上にバラバラ遺体として見つかった中国人社長、日本人妻に語った最後の言葉がカギか【未解決事件ファイル】

めった刺しの上にバラバラ遺体として見つかった中国人社長、日本人妻に語った最後の言葉がカギか【未解決事件ファイル】

画像はイメージです

 1999年10月3日、東京都目黒区で当時37歳の中国人男性のバラバラ遺体が発見された。遺体は30か所以上の場所から発見されたものの、頭部など遺体の一部は未だ見つかっていない。一体、彼に何が起きたのか。

 ?>>政治批判のために新幹線転覆を引き起こす 中国の著名人の名前を騙った理由とは【未解決事件ファイル】<<???

 遺体の第一発見者は区内を散歩していた親子二人。目黒不動尊駐車場を通りかかったところで不審な物体を発見したという。二人が近づいて確認してみたところ、その物体はへその下から20センチほど切り取られた人間の下腹部だったそうだ。すぐに二人は地元警察に通報した。

 通報を受けた地元警察はすぐに遺体の身元特定を進めると共に、周辺地域一帯の捜査を開始。結果、近くの境内や公園など30か所以上の場所から次々に遺体の一部が発見された。司法解剖の結果、胸や背中に20か所以上の刺し傷が見つかり、一部は生前に付けられた傷であることが判明。死因は失血死とみられ、遺体発見現場に血痕が無かったことから、別の場所で殺害された可能性が高いと警察は推定した。そして捜査の結果、遺体は豊島区に住む当時37歳の中国人男性Aさんと判明した。

 Aさんは1989年に来日し、1994年には電気機器卸売会社を設立。日本人女性と結婚し、順風満帆の生活を送っていたという。しかし、最近は経営する会社の売上が厳しく、2000万円近くの負債を抱えていた。そして、事件の1週間前からAさんは姿を消していたそうだ。9月29日の午後、Aさんは妻に「借金の話で目黒区に行ってくる」と伝えて家を出たが、その後行方が分からなくなっていた。Aさんが話に行ったとされる相手は、目黒区に住んでいた当時45歳の中国人男性。Aさんに400万円ほど貸していたというが、警察の事情聴取に対して、「9月29日にAさんとは会っていない」と話した。

 結局、事件に進展は見られないまま、2020年10月現在も犯人の特定には至っていない。また、頭部や右大腿部など遺体の一部も見つかっていないままだ。遺体が最初に発見された目黒不動尊駐車場は、境内の一角に位置しており、近所の住民が毎朝ラジオ体操で使用していたという。路線バスの通り道でもあったことから人通りは多かったものの、事件の目撃情報はほとんど得られなかったそうだ。

 わざわざ遺体を発見しやすい市街地にばらまくという猟奇的な犯行だが、犯人に繋がる手がかりはほとんど見つかっていない事件だ。遺体には生前に付けられた傷もあったことから、Aさんが拷問を受けた可能性も考えられる。Aさんは複数の人物に借金していたというが、犯人との繋がりは一体どこにあるのか。

関連記事(外部サイト)