42歳水道局職員、コンビニ店員に激怒しドアを蹴り壊して逮捕 「蹴る時に目測を誤った」言い訳に呆れ声も

42歳水道局職員、コンビニ店員に激怒しドアを蹴り壊して逮捕 「蹴る時に目測を誤った」言い訳に呆れ声も

画像はイメージです

 10月31日、神戸市長田区のコンビニエンスストアで、神戸市水道局に勤務する42歳の男がガラスを壊したとして逮捕されたことが判明、その行動と言い訳に呆れの声が相次いだ。
 男は31日午後11時20分頃、神戸市長田区のローソン長田神楽町店を訪れると、出入り口のドアを足で蹴り壊した。壊れたドアは下部が大破し、かなり強い調子で蹴り続けたものと見られている。

 ?>>32歳男、コンビニで15分間下半身を露出するも気が付かれず後に逮捕<<???

 蹴り壊す様子を見た店員が警察に110番通報し、駆けつけた警察官が器物損壊容疑で現行犯逮捕した。当時、男は酒に酔っていたという。警察の取り調べに対して、犯行に及んだ理由について、「店員のレジの対応が遅くて腹が立った」と供述。そして、ドアを壊したことは「結果的に壊したことは間違いないが、蹴る時に目測を誤った」と話しているという。

 酒に酔った上、店員のレジ対応に腹を立てドアを蹴り壊す行為はあまりにも異常。しかも、犯行は神戸市水道局の職員によるもの。なんとも酷い事件に、「神戸はどうなっているんだ。こんな人間を税金で養っていていいのか」「客だからって偉そうにするな。それとも公務員だからと肩で風を切って歩いてたのか」「何をそこまでイライラしているのか。中年って怖いね」「行動も言い訳も意味不明」と憤りや怒りの声が相次ぐ。

 また、コンビニ店員経験者からは「こういう意味もなく怒っている人間が結構いる。本当に鬱陶しい」「やることがたくさんあって、覚えることも多い上に、地雷のようなクレーマーの対応もしなければいけない。もう二度とやりたくない」「コンビニは店員のケアもするべきだ」とコンビニ店員の負担増加を心配する声も多かった。

 ネット民から「最低」「異常」と評された神戸市水道局職員。今後、刑事罰ともに、懲戒免職など含めた処分が行われるものと思われる。目測とともに、人生も誤った。

関連記事(外部サイト)