69歳男性、大音量で音楽をかける若者に注意するもキレた若者に殴られ死亡

69歳男性、大音量で音楽をかける若者に注意するもキレた若者に殴られ死亡

画像はイメージです

 公共の場で、非常識な態度や行動をしている人に出くわすことはまれにあるが、海外では非常識な行動をしていた若者に注意した老人が殴り殺される事件が起きた。

 アメリカ・カリフォルニア州で、69歳の男性が、車で大音量の音楽を流していた20歳の男に音楽を止めるように注意し、男に殴り殺されたと海外ニュースサイト『CBS13 News』と『New York Post』が10月26日までに報じた。

 ?>>男性の車にキズをつける嫌がらせをした女を逮捕、動機はセックスを断られたから 女に同情する声も <<???

 報道によると、69歳の男性は、同州にあるスターバックスでラテを買い、同店の駐車場で飲んでいたという。20歳の男が車で同店の駐車場に入ってきたが、窓を開けたままカーステレオで大音量の音楽をかけていたため、音漏れしていたそうだ。男は駐車場に車を止めた後も、車から出る気配はなく、音漏れは続いていた。それを見た男性は、男に音楽を止めるよう注意したそうだ。男性が具体的にどのように注意したかは不明である。

 20歳の男は腹を立て、男性の頭を殴るなどの暴行を加えた。男性は意識を失い、その場に倒れた。近くにいた人が救急車を呼んだが、病院に運ばれてから4日後に死亡が確認されたという。男は、その後の警察の調べにより逮捕された。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「自分がいけないのに注意されたからって老人を殴るなんて20歳の男は最低すぎる」「自分も若者に注意したくなることがあるが、復讐が怖くてしない。男性は勇気がある」「男性がどのように注意をしたか気になる。でも手を出すのはいずれにせよいけないこと。周りに人がいたなら止めてほしかった」などの声が挙がっていた。

 海外には、騒音を巡るトラブルにより起きた殺人事件がほかにもある。
 インド・デリーで、29歳の男性と2人の兄弟が、大音量で音楽を流している隣人家族に、音楽を止めるように注意したところ、喧嘩となり男性が死亡したと海外ニュースサイト『NDTV』が10月28日に報じた。同記事によると、男性たちは、マンションの隣に住む父母と4人の息子らに大音量で流れる音楽を止めるように注意したという。男性たちと、隣人たちの年齢は明かされていない。

 男性らが注意すると、隣人たちは腹を立て口論が始まったという。4人の息子のうちの1人が自宅からナイフを持ち出し、男性を刺した。男性は病院に運ばれたが、死亡が確認された。2人の兄弟も重傷で、現在、病院で治療中だという。男性の兄弟もナイフで刺されたのかどうかは明かされていない。なお、隣人たちに深刻な怪我はなかった。

 警察の調べにより、父親と2人の息子は逮捕された。残りの2人の息子は現在、逃走中で、警察は行方を追っている。

 非常識な行動を注意した人に言いがかりをつけ、傷つける行為は許されることではない。注意した人の勇気を認めるとともに、自らも音楽などの騒音で周りに迷惑をかけないよう気を付けるべきだろう。

記事内の引用について
「Victim In Deadly Rocklin Starbucks Attack Was 69-Year-Old From Citrus Heights」(CBS13 News)より
https://sacramento.cbslocal.com/2020/10/23/victim-69-dies-starbucks-attack-rocklin/
「California grandfather dies after he was beaten for asking man to turn down music」(New York Post)より
https://nypost.com/2020/10/26/grandfather-dies-after-he-was-beaten-for-asking-man-to-turn-down-music/
「Man Killed For Playing Loud Music In Delhi, 3 Arrested: Police」(NDTV)より
https://www.ndtv.com/delhi-news/man-killed-for-playing-loud-music-in-delhi-3-arrested-police-2316679

関連記事(外部サイト)