公務員の男、職場のウォーターサーバーに豚の発情誘発ホルモンを1年間注入 同僚らは体重増加や生理不順を訴える

中国で公務員の男が飲料水に「メス豚発情ホルモン」を1年間混入 同僚らは生理不順に

記事まとめ

  • 中国・山東省で、公務員の男が職場のウォーターサーバーにホルモンを混入させていた
  • メス豚の発情を誘発するために使われるもので、同僚は体重増加や生理不順を訴えた
  • 男は同僚に対し、何らかの不満を抱いていたそうで、1年以上に渡り混ぜ続けたという

公務員の男、職場のウォーターサーバーに豚の発情誘発ホルモンを1年間注入 同僚らは体重増加や生理不順を訴える

公務員の男、職場のウォーターサーバーに豚の発情誘発ホルモンを1年間注入 同僚らは体重増加や生理不順を訴える

画像はイメージです

 職場でちょっとした嫌がらせを受けたりトラブルに巻き込まれた経験のある人はいるだろうが、海外では同僚に嫌がらせをするため、職場にあるウォーターサーバーにとあるものを混ぜた男がいる。
 中国・山東(さんとう)省で、統計局で働く公務員の男が職場のウォーターサーバーにメスの発情を誘発するために使われるホルモンを混入させたと海外ニュースサイト『Global Times』が10月26日に報じた。

 ?>>年収1億円超えの銀行員、同僚のサンドイッチを盗んで解雇される 処分の重さに疑問の声も<<???

 同記事によると、男はインターネットでホルモンを購入し、ウォーターサーバーに入れた。男は同僚に対し、何らかの不満を抱いていたそうだ。男は2019年7月から1年以上にわたって混ぜ続けたという。

 同僚のほとんどがホルモン入りの水を飲み続け、その多くが体重が増加するなどの被害を受けた。また、とある同僚は首が太くなり、別の同僚女性は生理周期が乱れたという。全部で何人の同僚が被害を受けたのかは明かされていない。

 警察は現在、男を捜査中で、インターネットで購入したホルモンがどんなものであったか詳しく調べているという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「男は悪質すぎ。同僚とどんなトラブルがあったか知らないが、危害を加えるのは間違っている」「水に得体の知れないホルモンが混入されるなんて気持ち悪すぎる」「嫌がらせをされた人に対してならまだしも、不特定多数の人に対して嫌がらせをする行為には嫌悪感しかない」「匂いなどで異変を感じる同僚はいなかったのか」などの声が挙がっていた。

 海外には、嫌がらせをされた本人に対してではなく、不特定多数の同僚に対し非道な行為をはたらいた人がほかにもいる。

 イギリス・ヨークシャーで、スーパーマーケットの従業員の男が同僚らの個人情報をインターネット上に流して逮捕されたと海外ニュースサイト『Mirror』が2014年3月に報じた。記事によると、男はスーパーマーケットで働く従業員約10万人分の給与データや銀行口座の情報などを不正に入手し、インターネット上に公開したという。男がどのように従業員のデータを入手したのかは不明である。

 警察が従業員のデータが流出していることを知り、調査を進め、男を逮捕した。動機の詳細は明かされていないが、男は警察の調べに対し「詐欺に使用するため、従業員の個人情報を盗んだ」と話しているという。

 大なり小なり職場でのトラブルはあり、ストレスを抱えることはあるだろう。しかし人に危害を加えてうっぷんを晴らそうとするのは間違った行為である。

記事内の引用について
「Civil servant in Shandong investigated for poisoning colleagues with 'pig hormone'」(Global Times)より
https://www.globaltimes.cn/content/1204735.shtml
「Morrisons employee arrested in connection with theft of payroll data for nearly 100,000 staff」(Mirror)より
https://www.mirror.co.uk/money/city-news/morrisons-employee-arrested-connection-theft-3254075

関連記事(外部サイト)