20歳男、警察官から警棒を奪い殴打して逮捕 「警棒を奪われるって…」疑問の声も

20歳男、警察官から警棒を奪い殴打して逮捕 「警棒を奪われるって…」疑問の声も

画像はイメージです

 北海道札幌市東区で、職務質問に応じず警察官を殴ったとして、20歳の住所・職業不詳の男が逮捕されたことが判明。行動と警察の対応が物議を醸している。

 ?>>NHK関連職員、器物損壊の疑いで現行犯逮捕 付近では同様の犯罪相次ぎ余罪の疑いも<<???

 事件が発生したのは11月29日午後11時過ぎ。札幌市東区で、警察官が別の事件の関係者と顔が似ているとして、職務質問を実施する。20歳の男は応じず立ち去ろうとしたが、警察官が制止。その際、男は別の警察官が手にしていた警棒を奪い取ったうえ右腕を殴りつけ、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

 警察の取り調べに対し、男は「掴まれたから押さえつけただけだ」と容疑を否認しているとのこと。警棒を奪い取り警察官を殴ったことが事実なら、公務執行妨害が成立する。男の供述は、無理があると言わざるを得ないだろう。

 警棒を奪い取って殴るという犯罪に、「治安維持を揺るがしかねない犯罪。これが拳銃だったら凶悪犯罪に繋がる」「警察には職務質問する権利がある。やましいことがないなら、応じておけばいいだけだった。何か、やましいことがあったのでは」「社会的制裁を受けてほしい」と男に憤りの声が上がる。

 一方で、「警察官はちょっと情けないのではないか」「警棒を奪われるって、警察官としておかしい。公務執行妨害罪に守られて弛んでいるのでは」「警察官の危機感が低い。警棒を取られるのは本当に異常だ」と警棒を奪われた警察官に苦言を呈す声も。

 また、「職務質問はあくまでも任意なはずで、無視しても問題ないはず。なぜ強引に止めたのか」「なぜ職務質問の場で、警察が警棒を出したのか」「警察がおかしい。任意の職務質問に応じなかったからって警棒を出すなんて」と警察の対応を疑問視する声も出た。

 明らかになっていない部分も多く、謎が多い今回の事件。いずれにしても、警棒を奪い取って殴るのは、犯罪である。

関連記事(外部サイト)

×