動機は「査定額が低かった」 42歳男、リサイクル店のゴミ置き場を放火し逮捕

動機は「査定額が低かった」 42歳男、リサイクル店のゴミ置き場を放火し逮捕

画像はイメージです

 福岡県柳川市のリサイクルショップのゴミ置き場に火を点けたとして、42歳の男が逮捕されたことが判明。その行動と動機に呆れの声が上がっている。

 逮捕されたのは、福岡県柳川市在住の自称会社員の42歳男。6日午後4時半過ぎ、柳川市三橋のリサイクルショップ「ブックオフ」のゴミ置き場にあったゴミ袋に火を点けた疑いが持たれている。なお、点いた火は、すぐに発見した従業員が駆けつけ消し止められた。

 ?>>43歳男、パチンコが出ないことに立腹し放火 短絡的な行動に「情けない」と批判<<???

 警察が周辺の防犯カメラを確認したところ、42歳の男がライターでゴミ袋に火を点ける様子が映っていたため行方を追い、付近で発見。現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕した。火は直ちに消されたが、従業員の発見が遅れた場合、店が燃える可能性もあった模様だ。

 逮捕された男は警察の取り調べに対し、容疑を認め、動機について「中古のテレビを売ろうとしたが、査定額が低かった。携帯を充電されてくれと頼んだら断られた。その腹いせでやった」と話しているという。

 驚きの動機に、「売れないならネットオークションやフリマアプリなど別の手立てがあったはず。それで火を点けるのはあり得ない」「放火の罪は重い。判決はかなり大きいものになる」「査定は第三者がするもので、低いからと言って激怒するのはあり得ない」と憤りの声が上がる。

 また、「査定に低さに怒るのはわからなくもないが、ブックオフで携帯を充電させろと要求するのはおかしい。きっとテレビも二束三文のものだったんだろうと感じる」「査定の低さは自分も感じているけど、携帯を充電されてくれというのはおかしいし、それで放火するのもあり得ない」「こんなことで恨みを買われたのではたまらない」「何から何までおかしい」という指摘も出た。

 腹いせの代償は、かなり大きなものになりそうだ。

関連記事(外部サイト)