54歳消防士、酒に酔い妻の胸ぐらを掴んで2階から落とす 「離婚した方がいい」批判集まる

54歳消防士、酒に酔い妻の胸ぐらを掴んで2階から落とす 「離婚した方がいい」批判集まる

画像はイメージです

 福岡県柳川市で、妻の胸元を服の上から掴み、2階から引きずり下ろしたとして、同市消防本部東部出張所所長の54歳の男が逮捕された。

 事件が発生したのは12日午前2時半頃。男が自宅で妻に対し、胸元を服の上から掴み、2階から引きずり降ろした。男は酒を飲んで家に帰った後、理由は不明だが口論に発展。激怒した男が力ずくで2階から1階に落とすという暴挙に出たようだ。

 被害を受けた妻が110番通報し、駆けつけた警察官に暴行の疑いで現行犯逮捕された。警察の取り調べに対し、男は「胸ぐらを掴んで引きずり落としたことは間違いない」と容疑を認めているという。警察官が駆けつけた際、男は酒に酔った状態だった。

 >>48歳男、60代妻にホットケーキを作ってもらえず暴行し逮捕 「自分で作れ」怒りの声集まる<<

 男の犯行に、「酒に酔っていたとは言え、長年連れ添ったと思われる妻の胸ぐらを掴んで投げるなんて狂気の沙汰だと思う」「酒癖の悪さはどうにもならない。奥さんは離婚した方がいい」「夫婦喧嘩の粋を超えている。これを我慢するような妻は、正直アルコール依存症の共依存者のような存在と言わざるを得ない」「夫婦間の暴力は絶対に許せない。夫から妻はもちろんだが、妻から夫だっていけない」など、怒りの声が相次いで上がる。

 また、「このコロナの時期に2時くらいまで出歩いていたの?危機感なさすぎじゃない?」「もし消防士にコロナがクラスター感染したら、火事になっても火を消す人がいなくなる。そういう自覚を持って行動しなければいけないのに、トップがこれでは話にならない」「コロナ禍に酒を飲んで妻に暴力。懲戒免職処分しかあり得ない」と飲み歩いていたことについても批判が出た。

 胸ぐらを掴まれ、2階から落とされた妻。その心中は察するに余りある。

関連記事(外部サイト)