78歳男、高速を逆走し対向車と衝突し運転する35歳男性が死亡 男は一命を取り留める

78歳男、高速を逆走し対向車と衝突し運転する35歳男性が死亡 男は一命を取り留める

画像はイメージです

 6日、奈良県大和郡山市の西名阪自動車道で、78歳の男性が運転する車が逆走し、走行していた35歳男性の自動車と衝突する事故が発生した。

 警察によると、事故が発生したのは6日午前0時40分。奈良県大和郡山市の西名阪自動車道大和まほろばスマートインターチェンジ付近で、78歳の運転する自動車が追い越し車線を逆走。35歳男性の軽自動車と正面衝突する。

 この事故で、交通法規を遵守して走っていた35歳の男性が死亡。一方、逆走した78歳の男は、骨盤骨折の重傷を負ったが、一命は取り留めた。警察によると、78歳の男がどこから高速道路に進入し、逆走したのかについてはわかっていないという。当時の詳しい状況については、男性の回復を待って調べていく方針だ。

 >>運転中の85歳男、自転車に乗る8歳男児と衝突し逃走 「ブレーキを踏むことが出来ずに進んだ」の言い訳に怒り<<

 またも発生した高齢ドライバーによって若い世代を殺される事故に、「18歳までは免許が取れないようになっているのに、年齢の上限がないのはおかしい。自主的な返納ではなく、法律によって強制的に免許を取り上げるべきだ」「これだけ自主返納が叫ばれていても、コロナの外出自粛要請と一緒で、なんの効力もない」と自動車免許の現状を疑問視する声が出る。

 さらに、事故について、「真面目に走っていた若い人が亡くなって逆走車が生き残るなんて、やるせない」「まだまだ若い人が、こんなことで亡くなるのは許せない」と憤るネットユーザーが相次いだ。

 毎年のように発生する、高齢者ドライバーを原因とした悲惨な死亡事故。何らかの対策が必要だろう。

関連記事(外部サイト)