高齢者をなぶり殺した凶悪犯、現場に残した不可解なメモが示す意味【未解決事件ファイル】

高齢者をなぶり殺した凶悪犯、現場に残した不可解なメモが示す意味【未解決事件ファイル】

画像はイメージです

 2003年3月2日、神奈川県大和市で当時71歳の男性Aさんが何者かに殺害される事件が発生した。警察は殺人事件と断定するも犯人は見つからず、2021年2月現在も未解決のままだ。

 遺体の第一発見者はAさんの弟夫婦。午後3時10分頃、Aさんの自宅マンションを訪れた2人が、居間で血を流して倒れているAさんを発見したそうだ。弟夫婦はすぐに警察へ通報したものの、警察官が現場に駆け付けた時には既にAさんは死亡していたという。

 司法解剖の結果、Aさんの頭には鈍器で数回殴られた傷跡があることが判明した。これが致命傷になったと見られている。しかし、警察の捜査では、現場から凶器は発見されなかった。また、室内は施錠されたままの状態で、目立った物色の跡も見つからなかったという。一方、Aさんの遺体のそばに恨みをつづるメモが残されていた。「ざまあみろ」と殴り書きされており、警察は犯人が書き残したものと見た。

 ?>>火葬場で何者かに焼却された身元不明の7体の人骨、島の祟りと恐ろしい関係?【未解決事件ファイル】<<???

 Aさんは誰に狙われたのか。周辺住民によると、Aさんの周りで目立ったトラブルはなかったというが、2月24日を境に姿が確認されていなかったそうだ。Aさんの新聞受には、2月25日以降の朝刊がたまったままになっており、警察は事件が起きたのが24日の夜から25日未明の間ではないかと推測した。マンション玄関に備え付けられた防犯カメラにも、24日以降Aさんの姿は確認されていなかったが、住民ではない不審な中年男性の姿が録画されていたという。警察は防犯カメラに録画された男性の特定を進めるとともに、現場に残されたメモの筆跡鑑定なども行った。しかし、結局どの証拠も犯人逮捕には繋がらず、2021年2月現在も事件は未解決のままとなっている。

 Aさんの頭部を執拗に殴りつけ、わざわざ現場に証拠となるメモを残した犯人。相当強い恨みを持っての犯行なのか、それとも犯人の幼さを表した犯行なのか。Aさんの周りでトラブルがあったという話は見つかっておらず、犯人とAさんの繋がりも見えて来ない。2000年前後と言えば、未成年による凶行が相次ぎ、「キレる17歳」という言葉が広まった時代でもある。些細な出来事をきっかけにAさんが恨まれてしまったのであれば、犯人の特定は非常に困難だろう。

関連記事(外部サイト)

×