ライバル心が招いた悲しい結末! 島根スキー少年殺害事件【衝撃の未成年犯罪事件簿】

ライバル心が招いた悲しい結末! 島根スキー少年殺害事件【衝撃の未成年犯罪事件簿】

画像はイメージです

 サッカーや野球にテニスなど、学生時代は多くのスポーツに触れられる機会である。だが、若すぎるが故に、嫉みや妬みなど自分の感情のコントロールが難しいのも学生の特徴である。

 1972年(昭和47年)12月、島根県警は島根県のある山で合宿をしていた中学3年生の男子Aから、友達のB君が見知らぬ男に猟銃で撃たれ、連れ去られた!」と通報があった。

 警察が現地に駆け付けると、Aは真っ青になりながら警察にこう説明したという。

 連れ去られたというB君は、Aとは小さい頃からのスキー友達で、彼らはお互いに将来を期待されたスキー選手でもあり、この日は一緒に島根県の雪山でスキーの練習に来ていたという。

 AとB君は雑木林で休憩を取っていたところ、どこからか猟銃の銃声が聞こえてきて、B君は右わき腹を撃たれてしまったという。

 ?>>あまりに訓練が厳しすぎた? 海上実習中に同級生を海へと投げ込む【衝撃の未成年犯罪事件簿】<<???

 パニックになったAだったが、しばらくして猟銃を持ったヤクザ風の男が現れ、「病院へ連れていく」といってB君を自動車に乗せて立ち去ったというのだ。

 島根県警は誘拐事件として調べたが、どうも「Aの話に矛盾点がある」としてAの手荷物を調べた際、ボストンバックから血の付いたナイフが出てきた。

 また、時を同じくして雑木林でわき腹を数回にわたって刃物で刺されたB君の死体が発見されたのだ。警察はAがB君を殺害したとして、緊急逮捕した。

 AとB君は幼馴染であり、2人を知る人たちは「あんなに仲が良かったのに」と驚きを隠せなかったという。

 AがB君を殺害した動機は、ずばり「嫉妬」であったという。小さい頃、最初は互角だったスキーの技術だったが、B君はメキメキと才能を伸ばしていき大会では常に1位を受賞。いつしかAは危機感を覚えることになった。そしてある日、B君はAに向かい、「君のスキーは下手だなぁ」となじられた事で逆上。B君を刃物で殺害してしまったという。

 「ライバル関係」の果てに発生した、あまりに悲しすぎる事件であった。

関連記事(外部サイト)

×