61歳男、足利市内の幼稚園に「イベントを開催したら爆弾を仕掛ける」と脅迫し逮捕 他に飲食店も脅す

61歳男、足利市内の幼稚園に「イベントを開催したら爆弾を仕掛ける」と脅迫し逮捕 他に飲食店も脅す

画像はイメージです

 栃木県足利市在住の61歳パート従業員の男が、市内の幼稚園を脅迫したとして逮捕された。

 この男は2020年11月、栃木県足利市の幼稚園に「クリスマスイベントをやめてください。コロナになったら責任を取れるのですか。開催したら爆弾をしかけます」などと脅迫した疑いが持たれている。警察の取り調べに対し、男は「クラスターが発生していたかもしれない」と供述し、容疑を認めているという。

 この男は1月にも、2020年12月に「殺すぞ。コロナをばらまいてやる。爆弾を仕掛けます」などと脅迫したはがきをスナック経営者女性に送りつけたとして、逮捕されている。警察によると、男が逮捕されたのは、これで3回目だそうで、2回は過度な自粛を迫るはがきを送りつける手口だった。

 ?>>62歳男「マスクをつけろ」と注意されたことに立腹し後日店員を暴行 パチンコ店での犯行に呆れ声<<???

 幼稚園にクリスマスイベントの自粛を迫った今回の手口に、「自身の行いを棚に上げて他人に自粛を迫る行為は許せない」「自分の人生への不満や失望などの憂さ晴らしをやっているだけだと思う。こういう人って、コロナになってからもの凄く増えた気がする」「自粛は自ら進んで慎むことで、他人に強要するものじゃない」と怒りの声が相次ぐ。

 また、「自粛をしないことがなぜ爆弾を仕掛けることに続くのか」「弱い人間ばかりを狙っている。悪質だ」「余罪がもっとありそう」「こういうおっさんが一番害悪。3回目なら実刑を受けてもらいたい」「異常な精神の持ち主だし、こういう人間を今後また野に放ってほしくない」という指摘も出た。

 新型コロナウイルス感染拡大で、犯罪とまでいかないまでも、逮捕された男のように「他人に自粛を迫る」人間や事件が一定数存在する。しかし、自粛とは本来自分で慎むべきものであり、他人に強制するものではない。そのことを理解できていない人間が多い現状は、非常に残念であり、由々しき事態だ。

関連記事(外部サイト)

×