舛添要一氏、コロナによる大量死は「人口調整機能」と投稿し批判の声 「都知事じゃなくて良かった」の声も

舛添要一氏、コロナによる大量死は「人口調整機能」と投稿し批判の声 「都知事じゃなくて良かった」の声も

舛添要一前都知事

 元参議院議員、元東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏のツイートが物議を醸し出している。舛添氏は、連日のように新型コロナウイルス関連の情報を投稿している。東京都の毎日の感染者数の速報値にコメントを添えるほか、得意の外国語能力を活かした海外メディアソースの記事紹介も多く行っている。

 3月10日のツイートでは、イタリア語の記事リンクとともに「新型コロナウイルスによる死者が、世界で260万人を超えた。歴史を振り返ると、戦争と疫病が人類の大量死の原因だ。それは、ある意味で人口調整機能でもある」と書き込んだ。

 これには、ネット上で「何言ってるの?こんな考えの人が都知事じゃなくて良かった」「なんという浅はかな考えだ」「人口調整機能というのは危険な考えですよ」「その理論ならば、コロナ対策などやる必要がない事になるね。我が国などは高齢者比率が高いから、より効果が高い事になる。頭脳明晰な方はこうも違うのかね」と非難が殺到してしまった。

 >>舛添氏、新広報官に「外務省は利権の少ない省庁」疑問の声 「好き放題やってる」の指摘も<<

 舛添氏としては、リンク先の記事内容を踏まえてのツイートだったのかもしれないが、フレーズの強さが思わぬ非難を集めてしまった。「政治家に戻る気がないのかね。一般論だろうけど」といった声もあり、一つの事実としての側面はあるにせよ、誰もが目にできるツイッターという場所で、知名度のある人物が発言する内容ではないと考えるネットユーザーが多いのだろう。

 舛添氏は連日、菅義偉首相や小池百合子東京都知事を明瞭なフレーズで、舌鋒鋭く批判している。今回のツイートも、そうしたものの一つと言えるだろう。だが、「コロナは人口調節機能」は、場合によっては陰謀論に与する話でもあるため、取扱は慎重になる必要があるのは確か。やはり、筆が滑ってしまったと言えそうだ。

記事内の引用について
舛添要一氏のツイッターより https://twitter.com/Masuzoe

関連記事(外部サイト)