ひろゆき「嫌われても、未来のために動いた」小泉進次郎大臣を評価すべきと発言、驚きの声も

ひろゆき「嫌われても、未来のために動いた」小泉進次郎大臣を評価すべきと発言、驚きの声も

ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hiroyuki_ni

 実業家のひろゆき氏が、3月11日のツイッターで、プラスチックごみに関し持論を述べ、小泉進次郎環境大臣を高評価した。

 ここ数日、ネットやテレビ番組のワイドショーなどでは、コンビニやスーパーで無料で提供されているプラスチックのスプーンやフォークに関しても、環境省が有料化を検討している話題が取り上げられている。

 ひろゆき氏は、この動きに「プラスチックゴミに排出権という罰金を払う国際社会になるのは時間の問題。早めにプラスチックゴミを減らすべき。目先のことしか見ない人に嫌われるからと、後回しにすると少子化問題と同じ末路」と有料化に肯定的な姿勢を示した。さらに、「嫌われても、未来のために動いた小泉環境大臣をちゃんと評価するべき」とツイート。

 ?>>ひろゆき「長男の罰に電波利用停止したら菅首相支持派になる」発言で賛否 「できないと思う」の声も<<???

 これには、ネット上で「まさに真理。欧州が環境ビジネスを作っていることの強さと今後の展望をわかりやすく解説している」「見方はいろいろとあるだろうけど、こういうことから始めないと何も変わらない」といった共感の声が聞かれた。だが、やはり身近なものの有料化には疑問の声もあり、「スプーンとフォークだけなら『やってます感』出しているだけでは」「端的にスプーン無しはきついわ」といった反対意見も聞かれた。

 さらに、ひろゆき氏の小泉大臣への評価も話題だ。小泉大臣を巡ってはネット上で、その言動が「何も言っていない」と揶揄的に取り扱われることも多い。そのため、「ひろゆきが進次郎評価してるの意外」「この小泉大臣アゲは何なの」といった声が聞かれた。だが、「小泉進次郎は頭いいから彼の行動と発言は深読みした方がいい」「逆に視野が広すぎるってことか」といった声も聞かれ、バイアスを抜きにして小泉大臣を評価し直す動きも出てきているようだ。

記事内の引用について
ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hirox246

関連記事(外部サイト)

×