アイドルが“パクリ”グッズ騒動で関係者が反論 告発したイラストレーターに同情の声も

キミイロプロジェクト・蒼井花がイラストレーター・ふゅ氏の作品を模倣したと騒動に

記事まとめ

  • キミイロプロジェクト蒼井花がイラストレーター・ふゅ氏の作品を模倣したとして騒動に
  • 蒼井は9月に謝罪したが模倣したことに触れず、直接的な謝罪がないと物議を醸していた
  • ふゅ氏は協議は合意に至らなかったと報告、グループの関係者を名乗る松岡氏は反論した

アイドルが“パクリ”グッズ騒動で関係者が反論 告発したイラストレーターに同情の声も

アイドルが“パクリ”グッズ騒動で関係者が反論 告発したイラストレーターに同情の声も

画像はイメージです

 アイドルグループ・キミイロプロジェクトのメンバー・蒼井花が有名イラストレーター「ふゅ」の作品を模倣したとして、騒動になっている。

 2020年3月にメジャーデビューを果たしたキミイロプロジェクト。同年7月にはキミイロプロジェクトを解体し、4グループを立ち上げたことでも話題になった。一方、「ふゅ」はツイッターのフォロワー数3万3000人を超える人気イラストレーター。「里帆」名義でアイドルオーディション「ミスiD2019」にも出場し、「クリエイティブは最高に優雅な復讐である賞」「SKY-HI賞」を受賞していた。

 騒動のきっかけとなったのは、2020年に蒼井がグッズデザインなどにも使用していた自筆を主張するイラストについて、ネット上から「ふゅ」の模倣ではないかと指摘が相次いだこと。

 このことについて「ふゅ」が所属事務所に連絡したところ、蒼井は9月2日にツイッターで「好きなイラストレーターさんとそのファンの方々を不快な気持ちにさせてしまい、申し訳ありません」と謝罪。しかし、模倣したことについては触れず、「現在は、所属事務所が対応してくれています」としたため、直接的な謝罪がないとして物議を醸していた。

 そんな中、今月12日になって「ふゅ」がツイッター上でこの騒動に言及。弁護士を挟んで協議していたものの、「残念ながら先日協議は打ち切りとなりました」とのこと。理由については、「先方は模倣を認める公表をする代わりに私の発信を事前チェックすることを主張されるなど、合意に至りませんでした」と説明した。

 ?>>コラボ商品のイラストがパクリ? プチプラアクセのブランドに説明を求める声<<???

 一方、これを受け、キミイロプロジェクトの関係者を名乗る「松岡」氏がツイッターで、「事実と異なる箇所がある」として反論。ツイートにアップした文書の中で、自身と「ふゅ」間のメールを公開しようと持ちかけたものの、「ふゅ」が断ったこと、和解に至らなかった理由について、「ふゅ」側が「事実ではないことも謝罪文に記載することの要求があった」と明かした。

 双方の発言は食い違っているものの、ネットからは「運営側が問題点ずらしてるようにしか思えない」「本人のちゃんとした謝罪がないのにこういうこと言われても不信感しかないな」「そもそもメールのやりとりを公開する必要性が感じられない」という声が集まっていた。

 なお、蒼井花の公式ツイッターは凍結され、閲覧できない状態になっている。

 果たして、この問題が解決することはあるのだろうか――。

記事内の引用について
ふゅ公式ツイッターより https://twitter.com/px2_ar
蒼井花公式ツイッターより https://twitter.com/hana_kmp
TADASHI MATSUOKAツイッターアカウントより https://twitter.com/TdsmtoK

関連記事(外部サイト)

×