35歳無職男、マスク未着用をパチンコ店で注意され店員を暴行 過去にもマスクを渡され拒否

35歳無職男、マスク未着用をパチンコ店で注意され店員を暴行 過去にもマスクを渡され拒否

画像はイメージです

 神奈川県相模原市のパチンコ店で、マスクをしないで入店したことを注意され従業員を暴行したとして、35歳無職の男が逮捕されたことが判明。その行動に憤りの声が相次いでいる。

 警察によると、この男は5日午後4時25分頃、相模原市緑区のパチンコ店をマスクをせずに訪れる。店員が「マスクをしないと入店できない」旨を伝えると激怒し、31歳の男性副店長と45歳の男性従業員に殴る蹴るの暴行を加え、怪我を負わせた。

 男はそのままバイクで逃走したが、通報を受けた警察が防犯カメラを解析。その結果、同市緑区在住の35歳無職男の犯行である可能性が固まり、傷害の疑いで逮捕した。警察の取り調べに対し、男は黙秘を貫いている。

 >>ユーチューバー、大人数のマスクなし宴会写真で炎上「責められることではない」発言で火に油?<<

 警察によると、男は事件以前にも複数回このパチンコ店にマスクをせず入店し、注意を受けており、店側からマスクを渡されることもあったという。しかし、男はマスクの着用を頑として拒否し、暴行に及んだ。なぜ、そこまでマスクを拒否するのかなどについては、わかっていない。

 逮捕された男に、「マスクの着用を拒否する人が一定数存在するけど、なぜなのか理解ができない。何か恨みを持っているのだろうか? すればいいだけの話だろう」「こういう人間を放置しているから感染拡大が収まらない。罰則規定付きの義務化条例などを検討するべきだ」「マスクをしたくないなら外に出るな」と憤りの声が上がる。

 また、「この状況でパチンコ店が営業しているのも疑問」「換気しているとは言え、この状況でパチンコ店に行こうと思うのはちょっと」「飲食店だけの緊急事態宣言に意味を感じない」という指摘も出た。

 店側がマスクの着用を入店条件にしている以上、守らない客を入店拒否することは正当な行為だ。それに怒り暴れる行為は、犯罪である。

関連記事(外部サイト)