坂上忍、古市憲寿氏に「意地悪なこと言う」と批判もヒロミは「お前もその一人」 小泉大臣のプラごみ対策巡り議論

坂上忍、古市憲寿氏に「意地悪なこと言う」と批判もヒロミは「お前もその一人」 小泉大臣のプラごみ対策巡り議論

坂上忍

 16日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、プラスチックスプーンの有料化案について特集。案に苦言を呈した元大阪府知事の橋下徹氏と社会学者の古市憲寿氏をMCの坂上忍が批判した。

 3月9日に閣議決定された「プラスチック資源循環促進法案」。プラスチックの使用量や海洋プラスチックごみ(プラごみ)の削減を目的として、コンビニで貰えるプラスチックのスプーンやフォークを有料化するというもので、世間からは批判の声も多く上がっている。

 番組では、この案を推し進めた小泉進次郎環境相について、橋下氏が「彼(小泉環境相)の政治スタイルは、啓発目的とか国民に意識を持たせるパターンが多くて、一番しんどい、ものすごい反発を食らいそうなところはやらない」と、13日放送の『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)の中で発言したと紹介。

 また、古市氏もこの案について、10日に投稿したツイートの中で、「レジ袋有料化とか、スプーン有料化とか、そういう目先の政策が大嫌い」「有料化は、個人の『気持ち』を変えるというけど、大切なことを『気持ち』頼みにしたらだめでしょ。。。」と苦言を呈したと紹介した。

 ?>>坂上忍「なんでもかんでも国民のせい」尾身会長の発言に怒り? 中川会長には「不安をあおる」と苦言で視聴者呆れ<<???

 しかし、橋下氏の発言を聞いた坂上は「本当、意地悪なこと言うよねえ」と苦笑い。「言ってることはおっしゃる通りなんですよ」としながらも、古市氏の発言に対しても、「これもおっしゃる通りなんですけど、大嫌いとか言っちゃダメ!」と批判した。

 この言動に、出演していたタレントのヒロミは「お前もそのうちの一人だからな!」と猛ツッコミ。坂上も笑いながら「そうなんです、俺も平気で言っちゃう。人のこと言えないの」とおどけていたが、視聴者からは「自覚あるのに平気で人には言う神経が分からない」「意地悪って批判にすらなってないよね」「大嫌いって言っちゃダメとかどの立場で言ってるの?」という困惑の声が集まっていた。

 これまで、幾度となく強い言葉で政治批判を繰り返してきた坂上。人の批判に対しては苦言を呈すことに、疑問を抱いた視聴者も少なくなかったようだ。

記事内の引用について
古市憲寿公式ツイッターより https://twitter.com/poe1985

関連記事(外部サイト)