古市氏、『とくダネ』本番中にLINEを送ってサボっている? 共演者から苦情が相次ぐ

『とくダネ!』小倉智昭が古市憲寿氏と対談 古市氏が本番中にLINE送っていたと暴露

記事まとめ

  • フジテレビ系『とくダネ!』で、MCの小倉智昭が社会学者の古市憲寿氏と対談した
  • 田中良幸リポーターが現場中継している時、スタジオの古市氏からLINEが届いたという
  • 中瀬ゆかり氏からも「古市くんは本番中LINEを送ったりしてサボってる」とのタレコミも

古市氏、『とくダネ』本番中にLINEを送ってサボっている? 共演者から苦情が相次ぐ

古市氏、『とくダネ』本番中にLINEを送ってサボっている? 共演者から苦情が相次ぐ

小倉智昭

 17日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、MCの小倉智昭が社会学者の古市憲寿氏と対談したことが話題となっている。

 同番組が26日で最終回を迎えるということで特別に設けられたこの対談。たびたび炎上する同氏に対し、小倉は「5秒の中でいかにアクの強いことを言うのか、そればっかり考えてるでしょ!」と投げかけ、さらに彼の肩書きについて当初、「社会学者って何者かも分からないし、どういう勉強をしているのかもよく分からない」と困惑しきりだったという。

 そんな小倉から今回、さらなる暴露が。それは田中良幸リポーターが現場で生中継している時、スタジオにいる古市氏からLINEが届いたというのだ。外にいる彼に「(目が)まぶしそうですね」「(あなたがいる現場は)ちょー田舎ですね」などリポートの合間に、こそこそスマホからイジるメッセージを送っていたという。

 古市氏がLINEを送ったのは番組開始直後の8時4分。これには、小倉も「あなた、時間見てよ!番組始まって、一番最初の一番重要なことをやっている時に、なんでこういうことをスタジオでやるの!?」と声を荒げた。これに対し、古市氏は平然と「『ああ、まぶしそうだな』って思って、ご本人に伝えかった」と弁明。

 >>坂上忍、古市憲寿氏に「意地悪なこと言う」と批判もヒロミは「お前もその一人」 小泉大臣のプラごみ対策巡り議論<<

 2016年7月、最も長く放送されている同一司会者による全国ネットのニュース情報番組となった同番組。だが、その記念すべき放送回のオープニングのスタジオ裏で、田中リポーターは「ポケモンGO」で遊んでいたという。その姿を目撃した古市氏は、この後スタジオに登場するや、「田中さんだけ拍手しないでポケモンGOやってました」と早速、密告したという。

 このほか、コメンテーターの中瀬ゆかり氏からも「古市くんは本番のVTR中、ずっとLINEを送ったりしてサボっています」というタレコミが寄せられていた。

そんな番組内外でやりたい放題だった古市氏に、視聴者の反応は「そりゃあ炎上するわ」「これは恨まれる」と納得の意見が。また、「着々とキャラ作っていった」「古市みたいな逆張りタイプは当時珍しかっただろうしなぁ」という意見もあった。

 ちなみに今回、ナレーションでは彼のことを「炎上王子」と呼んでいた。さらに、古市氏本人も「小倉さんの質問は流して、言いたいことを言っていい」とスタッフから指示があったという。この炎上キャラは、確信犯的に番組側が作り上げたものなのかもしれない。

関連記事(外部サイト)