NHK教育の福祉情報番組で「女性差別なんて生っちょろい」弁護士の発言が物議 「煽ってるの?」炎上狙いの指摘も

NHK教育の福祉情報番組で「女性差別なんて生っちょろい」弁護士の発言が物議 「煽ってるの?」炎上狙いの指摘も

千原ジュニア

 22日放送の『ハートネットTV』(NHK・Eテレ)に出演の弁護士の発言が批判を集めている。

 この日、番組では福祉関連の話題について扱う「B面談義」を放送。番組にはレギュラーのお笑い芸人・千原ジュニアのほか、盲目の弁護士である大胡田誠氏が出演していた。

 しかし、その中で昨今話題になっている女性差別について、大胡田氏は「自分でもゆがんでるなと思いますけど」とした上で、「女性差別って世間が騒いでくれて羨ましいなと思います」と発言。その理由について、「障がい者差別ってもっとすげええげつないことたくさんあるのに、全然騒いでくれないんですよ」と説明した。

 また、大胡田氏は実際の障がい者差別の具体例として、視覚障害のある女の子が交通事故に遭ってしまったものの、「将来健常者と同じ仕事はできない」として損害賠償が7割に減らされたといったケースを紹介。その上で、「本当は女性差別なんて生っちょろいぞって思うんだけど、(障がい者差別については)世間はあまり騒いでくれないんですよね」と嘆いていた。

 ?>>志らく、海外の生理事情と日本の差に「じいさんたちが決めるんだから」発言で“男性差別”と物議に<<???

 この見解について、ネットからは「それぞれに差別なのに、比較してお前たちは私たちよりマシと言って黙らせる形になってる」「どっちが上とか下とかの問題じゃない」「差別を受けてきて差別を語る人が、何故女性へのヘイトを煽ってんのか全然理解できない」という疑問の声が集まっている。

 さらに、この一連の発言は『ハートネットTV』の公式ツイッター上にもアップされており、アカウントの元には多数の批判が寄せられることに。ネットからは番組に対し、「世に放つ前に編集の段階でストップかからなかったのか」「わざわざツイッターにもアップするって煽ってるの?」とNHKの編集や宣伝を問題視する声が集まっている。

 全くの別問題である障がい者差別と性差別。社会問題を扱うはずの番組で、問題を分断したことに対する落胆の声も多く聞かれていた。

関連記事(外部サイト)