ひろゆき氏「接待ってコスパいいなー」 宮崎の高校の文科省接待報道に皮肉「補助金が2400万円貰えたそうです」

ひろゆき氏「接待ってコスパいいなー」 宮崎の高校の文科省接待報道に皮肉「補助金が2400万円貰えたそうです」

ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hiroyuki_ni

 実業家のひろゆきこと西村博之氏が3月23日のツイッターで、接待について持論を述べた。

 ひろゆき氏は、『しんぶん赤旗』(日本共産党中央委員会)が報じた記事を受けて、「宮崎県・都城東高等学校が文科省副大臣を接待しまくった費用が95万円。その後、文科省から補助金が2400万円貰えたそうです。接待ってコスパいいなー」と書き込んだ。

 これには、ネット上で「別の見方をすれば、経済を回すのには立派に貢献しています」「やってることは『悪いこと』かもしれんが、結果的には『良いこと』なんだよなあ……」「なんでバレないようにやれないのかなぁ〜って感想しかない」「24倍返しとは驚き」「コスパには笑った」といった、ひろゆき氏の皮肉コメント同様に呆れ気味の意見が多く聞かれた。

 ?>>ひろゆき氏、映画『鬼滅の刃』の違法視聴を告白?「ご想像にお任せします」モラル問う声<<???

 さらに、「文春と赤旗以外、この手の情報が独自に入手できないメディアの凋落ぶりもすごいですね」といったコメントも。この手の話は無数にありそうなものだが、なかなか表沙汰にならないことに、このネットユーザーは疑問を持ったのだろう。

 また、ひろゆき氏は先月、山田真貴子元広報官が総務省時代に、菅義偉首相の長男の所属していた東北新社から7万円を超える接待を受けていた報道に対し、「飲食単価7万4203円ってなかなかですよね。すきやばし次郎のお任せコースで4万4000円ですよ。。」とその金額に驚きのツイートを行っている。

 さらに、接待そのものに関しては2019年に「『営業』っていうと、『ノルマ』『飛び込み』『接待』みたいなイメージがあるから誤解されがちな気がするのですよ。商品を売るための企画と戦術だったりするわけで」ともツイートしている。ひろゆき氏としては、接待通じ関係を作る流れは、旧世代の仕事の進め方と考えているのかもしれない。

記事内の引用について
ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hirox246

関連記事(外部サイト)