真冬の北海道で忽然と姿を消した男子中学生、新宿2丁目での目撃証言や不可解なメールの真相とは【未解決事件ファイル】

真冬の北海道で忽然と姿を消した男子中学生、新宿2丁目での目撃証言や不可解なメールの真相とは【未解決事件ファイル】

画像はイメージです

 2012年1月15日、北海道旭川市に住む当時13歳の男子中学生A君が突如失踪する事件が発生した。些細な言い争いをきっかけに家を飛び出したというA君だが、当日は氷点下15度の真冬。荷物を持たず軽装のままA君はどこに消えたのか。

 失踪が起きる前日の1月14日、A君は当時15歳の姉とテレビ番組のチャンネルを争って喧嘩になっていた。その末、A君は自室に戻り、壁を蹴り穴を開け、自分で購入したゲーム機も叩きつけて壊したという。その時、母親は仕事のため家を空けており、2人の喧嘩に気づいたのは帰宅した1月15日になってからのことだった。父親はA君が2歳の時に離婚している。

 帰宅した母親は、散らかされたA君の部屋と壊れたゲーム機に気づいた。何があったのかとA君に尋ねると、「壊れたから捨てる」とあっさりとした口ぶりで答えたという。頭に来たとしても自分で貯金して購入したお気に入りのゲーム機を壊すだろうか、母親は心配に思った。しかし、A君は思春期だったこともあり、そっとしておいた方がいいのかもしれないと考え、深くは追及しなかったそうだ。

 A君は旭川市の中でも優秀な付属中学に通っており、真面目に勉学に励む優秀な生徒だった。スポーツも得意で部活動はサッカー部に所属し、クラス内外問わず人気者だったという。それだけに、母親もA君に関しては突飛な行動はしないと信頼していたのだろう。

 その後、母親は夜9時から始まるドラマを見ながら食事の用意を済ませたのだが、いつまでたってもA君は部屋から出てこない。すると、突然玄関から大きな音が響く。母親が見に行くと、A君が家を出ていったことが分かった。荷物を持たず、ダウンを羽織っただけの軽装。おそらく玄関先で1人になりたいだけだろう、しばらくすれば戻ってくる。母親はそう考えて時間をおいたが、これ以降A君が戻ってくることはなかった。

 ?>>寝ていた長女に「お前に用はない」と言い残した理由は? トラック運転手惨殺事件、犯人の目的は【未解決事件ファイル】<<???

 心配した母親は付近のコンビニや飲食店を探し回ったが、どこにもA君の姿は見つからなかった。すぐに警察による捜索も行われたが、事件や事故の痕跡すら確認できなかったという。その後、家族は警察と共にビラ配りを行ったり、メディアに出演し情報提供を呼び掛けたり、懸命にA君の行方を追った。

 事態が動いたのは失踪から3年後のこと。行方不明者の捜索番組に出演した母親が、番組スタッフから東京・新宿でA君の目撃情報があったという報告を受けたのだ。母親はすぐに東京に向かい、行方不明者捜索を協力するNPO法人と共に周辺を捜索した。

 すると、新宿2丁目のコンビニでA君に似た人物を見たという人を発見。さらに、捜索している最中に母親の携帯電話に非通知で無言電話、そして不可解なメールが届いたという。それは、公衆電話から発信されたというショートメールで「タスケテ!A(本人の名前)!」という内容だった。実は事件が発生した2012年にも同じ内容のメールが届いていたといい、母親は本人からのものだと信じているそうだ。しかし、警察にメールを見せて相談したものの、二件とも手掛かりは掴めなかった。

 一体、A君はどこにいるのだろうか。新宿2丁目と言えば、オフィスビルや店舗が立ち並ぶ中に、バーやクラブも密集している地域。出稼ぎの労働者に混じって働いていた可能性も考えられる。しかし不可解なのは、失踪当日に旭川市周辺で目撃証言は全くないことだ。公共交通機関にある全ての防犯カメラを警察は調べたが、A君らしき人物が映る記録はなかった。

 東京で目撃されたのがA君だとしたら、どうやって移動したのだろうか。氷点下15度の中、軽装だったA君が1人で移動できる範囲はそう広くない。家を出てから数時間の間に何かが起きたのだろうか。

関連記事(外部サイト)

×