54歳愛犬家男性が飼い犬に噛まれて重体、回復祈る声相次ぐ 虐待された犬を引き取って飼育

54歳愛犬家男性が飼い犬に噛まれて重体、回復祈る声相次ぐ 虐待された犬を引き取って飼育

画像はイメージです

 鹿児島県薩摩川市内で、54歳の男性が飼い犬に右腕と左耳を噛まれたとして救急搬送される事案が発生し、驚きが広がっている。

 警察によると、男性は4日午前7時55分頃、薩摩川内市百次町の農道で血を流して倒れていた。その様子を通りがかった人が発見し、119番通報。救急隊が駆けつけると意識不明になっており、救急搬送された。

 当時、男性は体長80〜90センチのアメリカンビーグル推定6歳を散歩させており、リードは付けていたものと見られているが、何らかの理由で男性が右腕と左耳を噛まれてしまった。犬はそのまま逃げてしまい、地元の猟友会や警察が捜査を開始。1時間半後に姿を現し、一緒に探していた男性の妻に駆け寄ってきたという。

 犬は4年前に保健所から引き取ったもので、「前の飼い主に虐待されていた過去があった」と被害男性が話している様子を近隣住民が聞いていた。また、男性は愛犬家で3頭の犬を飼っていたとのことだ。

 ?>>カフェで放し飼いにされていた犬が客に噛み付く 経営者の40代夫婦が逮捕、容疑を一部否認<<???

 虐待されていた犬を引き取り育てていた男性が、その犬に噛まれて重体になってしまうという事件に、「お気の毒としか言いようがない。犬も飼い主も悪くない。とにかく不幸な事件」「突然何かの拍子に過去を思い出すなどして噛んだとしたら、とても悲しい」「レイジシンドロームと言って、突然激怒する犬や猫がいる。この犬も、その可能性が高い」などと驚きや男性の身を案じる声が上がる。

 また、「男性が意識障害で倒れて、起こすために噛み付いた可能性がある」「本当に犬が噛んで意識不明に陥ったのか。逆だと信じたい」「妻に寄ってきたということは、家族と信頼関係を築いていたはず。事故であることを願っている」という指摘も出た。

 犬が大好きだったという男性。回復を祈りたい。

関連記事(外部サイト)

×