志らく「みんな洗脳されてる」緊急事態宣言が正しいと思い込んでいると指摘 政府のコロナ政策に持論

『辛坊治郎ズームそこまで言うか!』に立川志らくが代打出演 政府のコロナ政策に持論

記事まとめ

  • 17日放送の『辛坊治郎ズームそこまで言うか!』に落語家の立川志らくが代打出演した
  • この日は、元厚生労働省医系技官で医師の木村盛世氏がゲスト出演した
  • 志らくは木村氏ともに、政府のコロナ対策に批判的なコメント、ネット上では賛否両論も

志らく「みんな洗脳されてる」緊急事態宣言が正しいと思い込んでいると指摘 政府のコロナ政策に持論

志らく「みんな洗脳されてる」緊急事態宣言が正しいと思い込んでいると指摘 政府のコロナ政策に持論

画像はイメージです

 5月17日放送の『辛坊治郎ズームそこまで言うか!』(ニッポン放送系)に落語家の立川志らくが代打出演し、政府の新型コロナウイルス対策に持論を述べた。

 この日は、元厚生労働省医系技官で医師の木村盛世氏がゲスト出演。コロナについて議論が交わされた。木村氏は、過度な自粛を繰り返し要請する政府のコロナ対策には一貫して批判的なスタンスを取っている。この日も「感染症というものから逃げずに政府は方針を立てるべき」とコメント。

 志らくも「街の人なんかにインタビューしたのを見ると、やっぱりみんな洗脳されてますよね。『緊急事態宣言はやるべきだ』『人流は止めるべきだ』。普通のおじさんおばさんがそういう風に答えている。それが正しいと思いこんじゃってる部分もあるし」と話していた。さらに、志らくはワクチン政策についても「なんで予約制にするんですか。こんなの選挙と同じで、何月何日に来て下さいってやりゃいいわけ」「『この日に来て下さい』ってなれば、みんな命かかってるから行くでしょ。ダメだったら後回しのシステムを作ればいい。キャンセルしたら一番お尻につけるみたいな」と苦言を呈していた。番組では、一部の地方都市では予約不要でワクチン接種を行っている例も紹介されていたが、東京などの大都市部では難しいのが現状だろう。

 >>町長のワクチン優先接種、世論は「あり」優勢?『めざまし8』解説委員が「困ったな」誘導失敗で動揺か<<

 木村氏も、ワクチン接種に関しては「医師は基本的にはワクチン接種じゃなくて、重症化対応に当たるべき。医師法において医師でなければできないことが山ほどある」とコメント。さらに、「やはり官僚組織等は、自分たちがやったことに関して間違いだと言ってはいけないような、これはもう文化があります。(コロナは)新しいウイルスだから誰もわからないわけで、政府だって間違うこともある」と元医系技官の立場からの意見も述べていた。

 志らくと木村氏ともに、政府のコロナ対策に批判的なコメントが並ぶ放送となった。そのため、ネット上では「木村さん、ズバズバ言ってくれてスカッとする」といった声がある一方で、「何の責任も負わずに好き勝手思い付きを言うだけ」「志らく、マスコミ批判してるけど、この人もワイドショー脳っぽい」といった否定的な声も聞かれ、反応は賛否両論といった様子だった。

関連記事(外部サイト)