坂上忍、東京五輪は「政治色の強い大会」「やる意味分からない」発言で疑問の声「ただの偏見では」

坂上忍、東京五輪は「政治色の強い大会」「やる意味分からない」発言で疑問の声「ただの偏見では」

坂上忍

 25日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、MCの坂上忍の東京オリンピックに対する発言が疑問の声を集めている。

 問題となっているのは、東京オリンピック開催の是非について取り上げている際の一幕。いまだ観客受け入れについては決まっておらず、番組では感染を抑え込めれば観客を受け入れて開催できるとの見方が政府や組織委員会で強くなっていると紹介していた。

 一方、5月21日時点で東京オリンピック・パラリンピックに参加する各国の競技団体の事前合宿や大会後の交流事業が59の自治体で中止になっているという。これに坂上は、「事前合宿ができないってなると、僕は単純に一スポーツファンとすると、公平性を保つ大会を運営することが大変なんじゃないの?」と苦言を呈した。

 また、コロナ禍という非常事態にオリンピックを開催することに対して、「僕は純粋なオリンピックというより、めちゃめちゃ政治色の強い大会をね、このタイミングでやる意味が僕は分からないんですよ」と苦言。「有観客にして、じゃあ、お店とか飲食店とかも開けるんですか?『その時は人流止めなきゃいけないんで、お店閉めてください、お酒もだめですよ』、このやり方したら、本当にみんな怒っちゃうと思いますよ」と批判していた。

 ?>>元五輪選手、“公人として発言する承諾書”の存在を明かし坂上忍「口止めなんだ!」発言で呆れ声<<???

 しかし、この坂上の発言に視聴者からは、「政治色が強いはただの偏見では?」「東京五輪だけが政治色の強い大会ってわけじゃない」「そういう誘導としか思えない」という疑問の声が多く集まっている。

 世論調査では今夏のオリンピック開催に反対する意見が多数となっている。それでも、坂上のオリンピックに対する「政治色の強い大会」という解釈については批判が集まってしまっていた。

関連記事(外部サイト)