84歳祖母、25歳の孫娘に熱湯をかけ金づちで複数回殴り逮捕「殺すつもりはなかった」容疑を否認

84歳祖母、25歳の孫娘に熱湯をかけ金づちで複数回殴り逮捕「殺すつもりはなかった」容疑を否認

画像はイメージです

 大阪府大阪市鶴見区で、84歳の祖母が25歳の孫娘を殺そうとしたとして、逮捕されたことが判明。その常軌を逸した行動に驚きが広がっている。

 警察によると、事件が発生したのは25日午前11時半頃。84歳の祖母が大阪市鶴見区の自宅で寝ていた25歳の孫娘に対し、熱湯をかけたうえ金づちで頭を数回殴り、殺そうとした。被害を受けた孫娘は両腕や胸にやけどを負うなどしたが、命に別状はなかった。当時、同居していた祖母の娘夫妻は不在だった。

 被害を受けた孫娘が交番に被害を申告し、事態が発覚。警察官が祖母を殺人未遂の疑いで逮捕した。警察の取り調べに対し、祖母は「金づちで殴ったが、熱湯ではなくお湯をかけただけで、殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。現在、警察が動機を調べている。

 ?>>31歳男、5歳女児を結束バンドで縛り逆さ吊りにして水攻め 「ご飯をこぼした時に暴行」日常的な虐待も<<???

 どのような理由があったとしても、血縁関係にある孫娘に熱湯をかけ金づちで殴る行為は異常と言わざるを得ないだけに、「金づちで殴り熱湯をかけておいて殺すつもりがないって、意味がわからない」「お湯の温度を自分で確認したのか。かけられたほうが熱いと感じれば熱湯だし、死ぬ可能性もあるだろ」「色々とおかしい。一体、何が起きたのかわからないけど、金づちで殴って熱湯をかけるなんてあり得ないだろ」と怒りの声が上がる。

 また、「今後この2人はどうなってしまうのか」「同居するのは難しいんじゃないの?」という声や、「認知症の可能性がある」「84歳だし、わけがわからなくなっていた可能性も否定できないよね」という指摘も出た。

 いずれにしても、熱湯をかけたうえ金づちで殴る行為は異常すぎる。

関連記事(外部サイト)