コロナ禍で苦境の芸能人飲食店、営業時間短縮・休業中でも成功を収める店も?

コロナ禍で苦境の芸能人飲食店、営業時間短縮・休業中でも成功を収める店も?

たむらけんじ

 コロナによる営業自粛の影響を最も受けているのが飲食店だろう。緊急事態宣言が出ている地域では酒類の提供も禁止されるなど厳しい措置が続いている。協力金が出るとは言え、かなり厳しいと言わざるを得ない。

 この影響は芸能人が経営する飲食店にも及んでいる。どのような工夫で乗り切っているのかを見てみたい。

 2012年から東京・渋谷にラーメン店「鬼そば藤谷」を構えるHEY!たくちゃんは、オリジナルラーメンを冷凍し通信販売で提供している。この店のウリは、さまざまな創作ラーメン。珍しいメニューを家庭で楽しめると人気だ。店舗は営業時間を短縮しており、空いた時間でネタ作りにも励んでいるという。ラーメンばかりではなく、お笑いへの情熱も高まっているだけに今後に期待したいところだ。

 芸人実業家として名高いたむらけんじが経営する焼肉店「炭火焼肉たむら」も、多くの店舗で時短営業や休業を余儀なくされている。そのため、ネット上では約40%引きの超お買い得価格で、肉をまとめて通信販売している。ホルモンに至っては70%引きだ。多くの店舗を持ち、在庫を抱えるたむけんの店だからこそ出来る出血大サービスだと言えるだろう。さらに、近畿エリアでは「炭火焼肉たむら」監修のオリジナル商品をローソンで1〜2月に販売。実店舗に足を運べない人へも、お店の味を広めようと工夫しているのだろう。

 ?>>芸人やミュージシャン、俳優夫婦も コロナをきっかけに東京を離れた芸能人たち<<???

 女優の矢部美穂は家族とともに、バー、YABEKE(ヤベケ)を営んでいる。芸能人経営の店は本人不在の場合が多いが、こちらは芸能の仕事がない場合は、矢部自身がお店に立つこともある。『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演した矢部は、月100万円ほど固定費がかかっているが、店の規模が小さいため、1日6万円の協力金で何とかフォロー出来ていると語っている。矢部の場合、必要以上に規模を広げなかった点が功を奏したと言えるだろう。

 芸能人経営の店も、生き残りに必死なのは確かかもしれない。

関連記事(外部サイト)