夫婦ゲンカで妻が夫の首の上に座って動きを封じ夫が窒息死 懲役1年6か月の判決に疑問の声も

夫婦ゲンカで妻が夫の首の上に座って動きを封じ夫が窒息死 懲役1年6か月の判決に疑問の声も

画像はイメージです

 恋人やパートナーがいれば、ケンカの一つは経験したこともあるだろう。このたび、行き過ぎたケンカで、相手を死なせてしまった人がいる。

 ロシア・ケメロボ州ノヴォクズネツクのアパートで、夫婦ゲンカ中に、夫の首の上に馬乗りになった女が、夫を死なせてしまったと、海外ニュースサイト『Sun』『New York Post』などが5月19日までに報じた。

 記事によると、2020年10月夜、46歳の女は、女の夫(年齢不明)とともに、自宅アパートでお酒を飲んでいたという。何が原因かは不明だが、2人は口論を始め、もみ合いのケンカに発展。女は、ベッドにうつ伏せになった夫を押さえつけ、首の上に馬乗りになったという。夫は「許してくれ」と助けを乞うも、女は微動だにせず。女は体重100kg以上ある恰幅のよい女性であったと伝えられている。なお、夫も恰幅のよい男性ではあるが、妻より大きかったかなどの情報はない。

 夫婦ゲンカの一部始終を見ていた娘(年齢不明)は、助けを求めて近所の女性宅へ。近所の女性が駆け付けるも、女性は単なる夫婦ゲンカだと思い、一旦引き返したそうだ。しかし、「夫が息をしていない」とパニックになった女の悲鳴を聞いて、再度駆け付け、警察に通報。警察が駆け付けた時には、夫は意識不明の状態で、その場で死亡が確認された。司法解剖の結果、夫の死因は、首を圧迫されたことによる窒息死であった。警察は、夫殺害の容疑で、女を逮捕、起訴したという。

 女は、夫の首の上に馬乗りになったことを認めているが、「夫を落ち着かせようとしてやった」と殺意を否認。後に開かれた裁判では、酒に酔っていたこと、夫の意識がないとわかった時点で心肺蘇生を試みた点が考慮され、過失致死と認定、女には1年6か月の懲役刑および罰金の支払いが命じられた。ロシア検事局は判決を不服として上訴。現在も裁判は継続中だという。

 ?>>38歳女が酒に酔い見知らぬ人の家に侵入、寝ていた男性に性的暴行 男性は妻と勘違い<<???

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「首の上に座わられたら普通死ぬ。そのくらいわかるでしょ」「相手が降参したら止めないと」「殺意はありそう。判決が軽すぎる」「巨大な尻で首を圧迫。迫力満点」「最近の夫婦ゲンカは女性の方が強いね」「この夫妻は2人とも体が大きい。体重では妻が勝ったか?」「プロレスのような光景で、駆け付けた近所の女性は驚いただろう」「本当の被害者は娘だ」「夫はDV男で、妻が過剰に反応してしまったのでは?」などの様々な声が上がった。

 恋人やパートナーとケンカをすれば、相手に対する怒りが収まらない時もあるだろう。冷静に対処をしなければ、後に取返しのつかない結果を招いてしまう。

記事内の引用について
OW GONE WRONG Sixteen stone woman ‘suffocated husband to death with BUTTOCKS when she sat on him during row until he apologised’(Sun)より
https://www.thesun.co.uk/news/14995912/sixteen-stone-woman-suffocated-husband-buttocks/amp/
224-pound Russian woman reportedly killed husband with her buttocks(New York Post)より
https://nypost.com/2021/05/19/russian-woman-reportedly-suffocated-husband-to-death-with-her-butt/?utm_source=reddit.com

関連記事(外部サイト)