「刑務所に行ってくれ」76歳男がタクシー3万円分を無賃乗車、現行犯で逮捕

「刑務所に行ってくれ」76歳男がタクシー3万円分を無賃乗車、現行犯で逮捕

画像はイメージです

 福島県福島市で、76歳住所不定無職の男がタクシーの無賃乗車で逮捕されたことが判明。その行動と動機に驚きが広がっている。

 男は2日午後11時頃、宮城県仙台市のJR愛子駅付近からタクシーに乗車。「福島刑務所に行ってくれ」と告げ、車を走らせる。そして、福島刑務所付近に着くと、所持金を持っていないことを告げ、詐欺の現行犯で逮捕された。被害額は約3万円だった。警察によると、逮捕時所持金を持っておらず、料金を支払う意思はなかったそうだ。

 現在、動機などはわかっていないが、所持金がなかったこと、あえて「福島刑務所」を目的地に選んだことなどを考えると、当初から罪を犯すことで刑務所に戻る目的でタクシーに乗車した可能性が、極めて高いものと見られる。

 ?>>27歳会社員男、キャバクラで865万2000円を無銭飲食 10万円のシャンパンを80本以上注文<<???

 男の身勝手と言わざるを得ない犯罪に、「無賃乗車は本当に迷惑。勤務時間だけが無駄に過ぎていって、売上を取り戻すことが難しい。本当にやめてもらいたい」「刑務所が3度の飯付きで、指示に従っていればずっと快適な生活を出来ると思わせているようではダメ。人権も結構だが、いたくないと思わせるような場所でなくてはならない」「刑務所に戻りたいという動機の犯罪が多すぎる。こんな人間のために被害を受ける人の身にもなってほしい」と怒りの声が上がる。

 また、「愛子駅からなら山形刑務所の方が近いはず。悪質だ」「警察に逮捕されたとしても、即刑務所に行けるわけではないはず。とにかく全てが浅はか」「刑務所に行くのは良いが、被害額はきっちり支払うべきだ」という冷静な指摘も出た。

 刑務所に「戻りたい」という動機の犯罪者による事件は、たびたび発生している。抑止するような措置を取ってもらいたい。

関連記事(外部サイト)