真麻、政府へ五輪開催説明要求で「何様?」の声 「恥を忍んで言いますが…」呼び掛け求める

真麻、政府へ五輪開催説明要求で「何様?」の声 「恥を忍んで言いますが…」呼び掛け求める

高橋真麻

 7日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、東京オリンピック・パラリンピックの開催の是非について特集。フリーアナウンサー・高橋真麻の政府に対するある要求が視聴者の間で疑問の声を集めている。

 番組では、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が五輪開催で感染が拡大するのではと懸念したことに対し、丸川珠代五輪相が「全く別の地平から見てきた言葉」、田村憲久厚生労働相が「自主的な研究の成果の発表」などと発言したことを取り上げた。

 その中で話を振られた真麻は、「実際、オリパラが始まったら、選手の人たちをみんな応援すると思うし、すごく盛り上がると思う」としつつも、「開催までの過程のあまりのぐちゃぐちゃさを見てしまっている分、ちょっと複雑な気持ちがあって」と吐露した。

 ?>>真麻「政府が悪いって言うんじゃなくて目を向けて」過剰な政府批判を指摘も、坂上忍が猛反論<<???

 さらに真麻は、「開催するならするで、(政府は)『恥を忍んで言いますが、IOCにも強く言えません、アメリカの放映権(の賠償金)も払えません、日本は。だから日本はやるしかないんです、申し訳ない』と」と国民に呼びかけるよう要求。また、「『その代わりこういう協力してください』とか、『これだけ一生懸命対策をします』とか、『こういうふうに安心材料をお届けしますからなんとかオリンピックをさせてもらえないか?』というようなお話があれば……」と指摘していた。

 しかし、この真麻の発言に視聴者からは、「何様?」「誰目線?どんな立場?」「五輪は政府のわがままで開催されるものじゃないんだけど…」という困惑の声が集まっていた。

 あまりに過剰な下からの態度を要求する真麻に、視聴者も戸惑いを覚えてしまったようだ。

関連記事(外部サイト)