コロナ感染の立花孝志党首、直前にノーマスク街頭演説で物議「自覚症状あったのに最悪」批判の声

古い政党から国民を守る党の立花孝志党首がコロナ感染 ノーマスク街頭演説に苦言

記事まとめ

  • 古い政党から国民を守る党の立花孝志党首が、新型コロナウイルスに感染したことを報告
  • 「1週間くらい前から37度前後の熱がある」という立花氏は5日に、街頭演説を敢行
  • 立花氏はノーマスクで支援者と写真を撮影したり、近い距離で会話や接触していたとか

コロナ感染の立花孝志党首、直前にノーマスク街頭演説で物議「自覚症状あったのに最悪」批判の声

コロナ感染の立花孝志党首、直前にノーマスク街頭演説で物議「自覚症状あったのに最悪」批判の声

立花孝志

 古い政党から国民を守る党の立花孝志党首が、自身のユーチューブチャンネルにアップした動画で、新型コロナウイルスに感染したことを報告。しかし、直前の行動に疑問の声が集まっている。

 立花氏は8日に「立花孝志ただ今コロナに感染してます!」という動画をアップ。その中で、「コロナに感染していることが、今日の11時くらいの検査で分かりました」と報告した。

 立花氏によると、「いつから発症してるのかって言われたら、もう1週間くらい前から37度前後の熱がある」とのこと。現在の症状は熱が長引いているほか、乾いた咳が出る程度で、味覚も嗅覚もあるという。立花氏は「コロナは風邪」と自身の考えを再認識するように呟き、現在について改めて、「元気です」と話していた。

 しかし、自覚症状があったのにも関わらず、立花氏は4日に定例記者会見を行い、5日にはつばさの党とともに新宿駅で街頭演説を敢行。その様子はユーチューブチャンネルにも残っており、立花氏がノーマスクで支援者と写真を撮影したり、近い距離で会話をしたり、接触している様子が映されていた。

 ?>>立憲・福山幹事長の街頭演説に「危なすぎ」「迷惑」と批判 「クラクションの応援」報告も疑問の声<<???

 気をつけていても感染することも多い新型コロナ。しかし、ネットからは立花氏が微熱を自覚していた一方、ノーマスクで人と話していたことに対する疑問の声も噴出することに。ネット上や、立花氏の動画のコメント欄には、「自覚症状あったのにノーマスクは最悪」「感染自体は仕方ないけど対策しなかったのはなぜ?」「発熱あったのに自覚足りなすぎる」という苦言が多く集まっている。

 一方、動画では、自宅療養することを明かしていた立花氏。動画コメント欄には支持者からは「お大事に」「安静にしてくださいね」という優しい言葉も寄せられていた。

記事内の引用について
立花孝志公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UC80FWuvIAtY-TRtYuDocfUw

関連記事(外部サイト)