菅首相に「個人的な思い出を喋るだけ」「討論になってない」小沢一郎氏が党首討論をバッサリ

菅首相に「個人的な思い出を喋るだけ」「討論になってない」小沢一郎氏が党首討論をバッサリ

小沢一郎(事務所)のツイッターより https://twitter.com/ozawa_jimusho

 小沢一郎衆議院議員が6月9日にツイッターを更新し、同日に行われた党首討論をバッサリと切り捨てた。

 菅義偉内閣総理大臣は、就任後初の党首討論に挑んだ。小沢氏は「党首討論。総理は官僚が用意した『自分達はこんなによくやっている』という作文を朗読」と書き込んだ。続けて、「五輪については個人的な思い出を喋るだけ。命と健康を守るための具体策について答えておらず、討論になっていない。政治の劣化を象徴する内容で、改めて政治に緊張感を取り戻すための政権交代の必要性を痛感した」と低評価だった。

 今回の党首討論については、各党代表から「答弁を読み上げているだけ」といった批判が相次いでおり、小沢氏も同じ感想を持ったようだ。

 >>玉川氏、尾身会長に「世界中から全く評価されない人たちになる」連日批判 五輪開催への発言を自己評価のためと主張<<

 特に間近に開催が迫ったオリンピックに関する議論について、ネット上では「昨日の党首討論の菅総理のオリンピックの思い出話は、ふさわしくなかった。東京五輪をどうすべきかを話し合うべきで、延々と思い出話を党首討論でするのは間違い」「東洋の魔女は素晴らしかったけど、菅総理の子どもたちに五輪の思い出を残そう!は、コロナ対策不備への明らかな誤魔化し」といった声が聞かれた。菅総理の「論点ずらし」と見る声が多いようだ。

 さらに、「討論になっていない」点についても、「ロボットのようでしたね。AI非搭載の旧式なやつ」「討論なのにカンペを読むのか…そんなのあり?」といった声が聞かれた。やはり党首討論は、人物像がはっきりと出てしまうと言えるだろう。

 ただ、「野党も迫力不足でした」といった声も聞かれた。小沢氏は常々政権交代を訴えているが、それが可能なだけの野党が存在するかについては疑問符が付くのは確かかもしれない。

関連記事(外部サイト)